インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



テン・ハイバックソファ、実際に座ってみてやはり良いソファでした。

2017/06/23

テンハイバックソファ

新宿に寄る用事があったのでエーフラットさん新宿店の行きました。エーフラットさんは基本的にファブリック系のソファが多いのですが、ショールーム中央にも置いてある「テン・ハイバックソファ」のシリーズは本当に良かったですね。実際に座ってみて本当に良かったので再度ご紹介します。 マジで欲しい。うちの猫の滝ゲロが無ければ…ファブリックソファの敵だあ…(悲

「包み込まれるような座り心地」はホントでした。

テン・ハイバックソファのコピーとして使われている「包み込まれるような座り心地」ってやつ。実際に座ってみて本当に柔らかくて心地良い座り心地でした。ソファのクッションというのはただ柔らかければ良いというのでは無く、柔らかさの中に適度な反発力が必要だと思うのです。この辺りのバランスのチューニングがこのソファは素晴らしいですね。硬さの違う素材とどの部分にどれだけ入れるのか、大変良く作りこまれているのを感じました。

 テン・ハイバックソファ

座り心地の良さのもう一つの要因、奥行とハイバック。

テンハイバックソファ

テン・ハイバックソファの座り心地が良いもう一つの理由は、奥行きと背もたれのハイバック仕様なんです。実際に座ってみるとわかりますが、ホント寛げます。奥行920mmで座面奥行は645mmと出ています。このゆったりとした広さがなんとも心地よい。私はソファの上ですぐあぐらをかいていしまうのですが、そういう座り方にもピッタリなんです。

もう一つ注目したいのは、この手の木製フレーム系ソファ全体に言えることですが、実際の座面積に対して全体サイズがコンパクトに抑えられる点です。全体奥行と座面奥行の差は275mm、この幅はほとんど背クッションの厚みで木製フレームの厚みは最小限です。設置面積に悩むことの多い日本の住宅事情にも大変マッチしたソファだと思います。

最後に価格帯の話、この内容なら買いではないですか?

最後にテン・ハイバックソファの価格帯のお話ですが、ファブリックソファのデザイナーズ家具や北欧家具系、あるいはリプロダクト系を見てもこのクオリティなら納得の価格帯ではないでしょうか?おしゃれで良いんだけど、ちょっとこの価格帯は…っていうデザイナーズ系、オリジナルブランド系が結構多いのでホントにオススメします。

テン・ハイバックソファ

-ソファ
-, ,