寝装品

色々浮気したけど、やはり夏の定番シーツはこれ! 「冷竹 竹駒シーツ」

冷竹 竹駒シーツ

寝苦しい日本の夏の夜。あまりの暑さに我慢できる限界を超えてしまっています。「熱帯夜」ってやつです。何日も続くと具合が悪くなりそうです。
日本の暑い夏を乗り切るためのアイテムとして、ベッド・お布団に乗せるだけで簡単に使える「冷感」タイプの敷きパッドなどが多数のメーカーから発売されています。比較的お求めやすい価格帯の商品が多いので人気があります。あまりに多種なため、どれが良いのか迷ってしまうほどです。

冷感タイプの敷きパッドが人気ですが・・・

一番良く売れているのは、冷感タイプの敷きパッドでしょう。マットレスや布団に乗せるだけで使用できます。私も使用したことがありますが、確かに最初はひんやりしますが、すぐに暖かくなってしまいます。熱帯夜には少々役不足でした。
次に、よく売れているのが「冷感ジェル」タイプの敷パッドです。内部にナトリウム系の水溶化したジェルが入っていて結晶化することで温度を下げる仕組みです。この商品の欠点は、結晶化を繰り返すとダマのような塊が残ってしまい寝心地が悪化しヒンヤリ感が長続きしないこと。基本的にジェルが入っていますのでビニール的な素材のため、汗をかいた体が触れると非常に気持ちが悪いことです。

そこで、昔からある「竹シーツ」を再評価したい!

冷竹 竹駒シーツ

「竹シーツ」とは小さな竹駒を繋いで作られた「シーツ」のことで、これ自体にクッションの類は一切入っていない硬い竹そのものです。寝心地の良し悪しはマットレスや布団の柔らかさに依存します。小さな竹駒が寝具の柔らかさに合わせて動きますので、柔らかい寝具であればそれなりに柔らかい寝心地を実感できます。「竹シーツ」が入ることで身体と寝具が直接触れなくなり、熱がこもりにくくなります。
昔からある商品ですが、根強い人気がありまして、「暑い夏の夜はやはり竹シーツ」という人が多いですね。
オススメの竹シーツですが、欠点もありまして、重たくてかさ張ることですね。それと竹という自然素材のため、最初のうちは素材の匂いが少しすることと、たまに「ササクレ」が出ることがあることです。どれも竹シーツの特性をご理解していただければ大きな問題にはならないと思います。

冷竹 竹駒シーツ

 

-寝装品

Copyright© インテラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.