ベッド 寝装品

備長炭繊維とテイジンの高機能繊維が融合した防湿マット「エアジョブプラス」

投稿日:

エアジョブプラス

あなたのベッドはマットレスをそのまま乗せているだけですか?
今流行の新素材敷布団をご利用の方はどうでしょう。床に直に敷いていますか?
今回のご紹介は、様々なマットレス、敷布団などの寝具の下に敷く防湿マット「エアジョブプラス」です。「私はそんなモノ使ったことないよ。特に困ったこともない」そうですか。果たして本当にそうでしょうか。
「エアジョブプラス」はオーミケンシの「備長炭繊維」とテイジンの高機能繊維「ベルオアシス」を採用した防湿、消臭効果のあるマットなんですね。

本当に防湿マットは必要ないですか?

一般的なベッドフレームの床板には「スノコ」と呼ばれる格子状の板が付いていて、この板が通気性を確保すると言われています。しかしその板の間隔は商品によってバラバラで、本当「スノコ」に通気性があるのか疑問視する見解も時々見受けられます。スノコの下の空間も必ずしも通気性が良いとは限りません。収納箱が並んでいたり、左右に隙間がなければ「スノコ」に隙間が開いていようが意味がありません。
そして「スノコ」が無いと通気性に問題が発生するなら、「スノコ」の無い引出し付や跳ね上げ式のベッドフレームの場合はどうなってしまうのか、メーカー側の説明も今ひとつ納得できない場合が多いです。
新素材を使った新型敷布団はどうでしょうか。床に直に敷くのが基本ですが、最近は畳部屋が減り、フローリングに敷くことが多くなっています。多くのメーカーは敷きっぱなしはしないよう説明してます。朝起きたら折りたたむことを推奨しているんですね。これはつまり、フローリング直敷きは通気性が悪くなることを認めているに等しいと思います。
これでも高機能な防湿マットは必要ないですか?

軽量+ジャバラ式+連結式で広げたり収納がとても簡単。

エアジョブプラス

ご紹介の防湿マット「エアジョブプラス」。機能面はもちろんなんですが、もうひとつの特徴として、「軽量で扱いがカンタン」というのがあります。繊維素材ですのでの軽量であることと、ジャバラ式構造で引き伸ばして連結して使い、たたむ時は小さく収納できます。お手入れとしては定期的な天日干しを推奨していますが、洗濯ばさみで吊るせるほど軽量なのでとても楽です。
いかがでしょうか。備長炭繊維やテイジンの高機能繊維を採用した新型防湿マット「エアジョブプラス」。ご紹介ショップは「インテリアオフィスワン」になります。気になる人は是非チェックを。

エアジョブプラス 除湿マット シングル

 


 

-ベッド, 寝装品

Copyright© インテラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.