インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



足場板古材で作られた、ほとんどセミオーダーのようなラダーシェルフ

2015/09/02

OLD ASHIBA(足場板古材)ラダーシェルフ

足場板古材は、実際に建設現場などで使われていた杉の足場板の古材を集めてリフィニッシュし、家具用木材として再利用したものです。
一言で「古材」と言ってもいろいろな出所があって、建築現場だけでなく、古い家屋や家具などから部材を持ってくることもあります。杉の足場板や、パイン、チークの古材なんかが有名ですね。それぞれに特徴ある風合いを持ち、深い味わいのある存在感を醸し出します。昨今の古材家具人気が一時的なものではなく、息の長いものになっているのには理由があるわけですね。
今回のご紹介は、足場板の専門ショップでもある「WOODPRO」さんの杉の足場板古材のラダーシェルフです。見た通りの大変シンプルなフォルムですが、サイズ展開の種類の多さや仕上げ選択など、まるでセミオーダーのように多くの選択肢があって、オプションパーツも大変よく考えられた人気のシリーズなんです。

別売りの自立補助脚、ナーセリーボックス、ベジタブルボックスで使い勝手が広がる!

ラダーシェルフは、他メーカーも含めて様々な種類の製品が発売されていますが、基本的な構造は同じ。ハシゴ状棚を壁に立て掛けるスタイルです。つまりどうしても不安定になってしまいます。WOODPROのラダーシェルフではオプションパーツとして自立補助脚を付けることが可能です。凄いのは例によって細かい本体サイズを選べるのですが、それぞれのサイズに合わせた自立補助脚が用意されているところ。わずかな追加料金で専用補助脚が付いてきますので、これはもう必須アイテムといって良いでしょうね。

OLD ASHIBA(足場板古材)ナーセリーボックス

OLD ASHIBA(足場板古材)ベジタブルボックス

そして、560mm幅以上のモデル限定となってしまいますが、オプションでこれまたお洒落なナーセリーボックスとベジタブルボックスを追加することが出来ます。もちろん足場板古材製ですので風合いはバッチリ。あまりにカッコよくて単品でも使いたくなるほどです。
塗装も無塗装と屋外用、屋内用塗装が選べます。お使いのシーンに合わせた塗装仕上げを選択した方が良いでしょう。
このラダーシェルフの詳細はWOODPROさんの掲載ページにてご確認ください。

OLD ASHIBA(足場板古材)ラダーシェルフ(奥行ワイド)幅560mm×4段 無塗装

OLD ASHIBA(足場板古材)ナーセリーボックス 塗装仕上げ

OLD ASHIBA(足場板古材)ベジタブルボックス 高さ195mm 無塗装

 

-シェルフ, 古材家具