インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介



人気の足場板古材を使ったコスパ抜群の「コの字型」サイドテーブル

OLD ASHIBA(足場板古材)ソファ用サイドテーブル

今回のご紹介は「コの字型」サイドテーブルです。
ソファ脇はもちろん、座面に少し食い込ませるようにレイアウトすることでテーブルを手前に引き寄せることができるので、読書やタブレットを使う時に便利ですね。多くの家具メーカーから多種多様な「コの字型」サイドテーブルが発売されていますが、今回はなんと、足場板古材を使った古材系のサイドテーブルなんです。
古材を使った家具は最近のトレンドのひとつで、使い込んだ風合いを最初から楽しみたいという、ある意味贅沢な嗜好です。新品の家具なのにわざと古い木材を使うわけです。今回の「足場板古材」も代表的な古材のひとつ。主に建築現場で使われていた杉の足場板をリフィニッシュして再利用しています。
製造・販売は「WOODPRO」さんという足場板古材を使った家具・板材で人気のショップです。元々は広島県にある屋外用木製品の製造メーカーなので、古材の扱いに関してもノウハウがあるようです。

2種類の「コの字型」が選べる。キャスター付の実用的なサイドテーブル

足場板古材の「コの字型」サイドテーブルですが、なかなかしっかりした作りになっています。さすがにこれだけの厚みの足場板古材を使っていますので、純粋な「コの字型」とはいきませんが、強度と保ちながら実用的な範囲で「コの字型」スタイルを実現しています。T字状の支柱タイプ(Aタイプ)と、棚が付いた2枚板タイプ(Bタイプ)が選べます。

OLD ASHIBA(足場板古材)ソファ用サイドテーブル

いいなと思ったのは最初からキャスターが付いているところ。「コの字型」サイドテーブルの特徴を活かそうと思うと必ず「手前に引き寄せる」という動作が発生します。キャスターの無い「コの字型」も他社メーカーには多数存在していますが、その場合は、持ち上げるか床を擦って移動させることになります。重たくて面倒ですし、床が傷つくかもしれません。キャスターが付いて下側の板の高さは約9cm。ロボット掃除機のルンバが約10cmなので、ルンバ対応のソファなら座面下に差し込むことが出来ます。
例によって、製造元でもある「WOODPRO」さんらしく、全て受注生産で無塗装仕上げと塗装仕上げを選ぶことが出来ます。DIY等でご自身で塗装される場合以外は、塗装仕上げをオススメします。ウレタン塗装で日々のメンテナンスが楽だと思います。コストパフォーマンスも抜群ですので古材系で「コの字型」サイドテーブルをお探しなら是非候補に入れてあげてください。詳細は掲載ページにてご確認ください。

OLD ASHIBA(足場板古材)ソファ用サイドテーブル Aタイプ

OLD ASHIBA(足場板古材)ソファ用サイドテーブル Bタイプ(棚付き)

 

-サイドテーブル, 古材家具