インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介



サイズが違うと全く別のテーブルに!コの字型テーブル「ZERO-X」シリーズ

Zero-X 9540L

今回のご紹介はシンプルで丈夫な「コの字型」のテーブル「ZERO-X」シリーズです。
「コの字型」というと「コ」を縦に置くサイドテーブルが人気ですが、この「ZERO-X」は横に置くタイプのテーブルです。最大の特徴は複数のサイズを持っていること。形は全部「コの字型」で全く同じなんです。ただサイズが違うだけ。ただし、このサイズバリエーションがとてつもなく多いんです。なんと幅20種類×奥行き13種類×高さ3種類で総組合せは780通りですか(笑)。ただしこれは5cm刻みの規定サイズの場合で、なんと1cm刻みのサイズオーダーも対応可能とのこと。凄まじいことになっています。
※実はカラーも5種類ありますので、組み合わせはもっと増えます(汗)。

アイデア次第でいろいろなことの使える「コの字型」フォルムの万能テーブル

販売元の人気ショップ「arne」さんでは、「1台で何役もこなすマルチテーブル」とご紹介されていましたが、これはちょっと違うと思いました。例えばご紹介の「Zero-X 9540L」はコンパクトなセンターテーブルタイプですが、やはりこのサイズはセンターテーブルなんですよね。これ一台で何役もこなせるわけではありません。

Zero-X

サイズが違うと全く別の使い方ができるのが「ZERO-X」の魅力。(※イメージをお借りしました)

「ZERO-X」シリーズの魅力は、全く同じ「コの字型」なのにサイズを変えると別のテーブルやチェストになってしまうことだと思います。センターテーブルやサイドテーブル、大きさが変わるとダイニングテーブルやパソコンデスクにもなります。組み合わせるとチェストにもなり、ロースタイルだとテレビボードになったりもします。大小様々な「ZERO-X」シリーズを組み合わせることで、アイデアいっぱいの使い方が楽しめるわけです。
なぜ、こんなことが出来るのかというと、その理由は「コの字型」にあると思います。無駄な装飾を省いたシンプルでモダンなフォルムが、使い方の可能性を広げてくれているのでしょう。
素材は耐久性の高い強化紙化粧合板で、スイス製の専用金具でしっかりと組み立てることができます。見た目以上に丈夫なんですね。当然コストパフォーマンスも良好です。
ご紹介ショップはもちろん「arne」さんです。商品の詳細は掲載ページにてご確認ください。

Zero-X

Zero-X 9540L

 

-テーブル