インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

テレビボードの役割が変わりつつあります。

テレビボード

地デジが始まって、大型薄型テレビが一挙に売れまくりました。今では多くのご家庭でリビングに大型の薄型テレビが置かれていると思います。大抵はなんらかのラックやテレビボードの上に乗っていると思います。
このテレビボードですが、数年前と今では使い方が変わってきていませんか?使い方が変わったというのは言い方が違うかもしれません。テレビボードの中に並んでいる物が変わっていませんか?

テレビボードの中から大掛かりなAV機器やメディアが消えていく

AV機器

こんな感じのAV機器がいっぱい並んでたなあ。今はほとんど使ってません。

昔はテレビボードというと、ビデオデッキやDVDレコーダー等のAV機器が結構な幅を取っていました。横幅の結構ありましたから、それようのスペースが必要でした。背面は配線だらけで全面もガラス等で閉まるようになっているのが普通でした。
しかし今はどうでしょうか?外付けのHDで録画するのが普通になりました。高価なブルーレイレコーダーは一部のマニアは別としてあまり売れなくなりました。そして映画のようなコンテンツもネット経由でWi-Fiで見る事が増えて、配線自体も減ってきました。
昔のようにDVDを何十枚に並べてコレクションしている人もあまり見かけなくなりました。ブルーレイが出たときにこれからは全てこれになりますって言われていましたが、レンタル屋さんに言っても未だにほとんどがDVDのままです。つまり人々は昔ほどメディアにこだわらなくなった?ってことですかね。

テレビボード

昔はAV機器でいっぱいだったニャー

かくしてテレビボードの中は寂しくなりました。

っていうか、私の家のテレビボードには未だにデッキ類がありますよ。大昔のビデオデッキとかアナログ対応のHDレコーダーとか(笑)。でももう使ってません。実際使っているのはREGZAから引っ張ってる外付けHDとAppleTVだけなんです。ほとんど場所を取っていません。我が家のテレビボードには他に引き出しが三つ付いていますが、実際テレビと何の関係も無いものばかりが入ってるんです。

テレビボードは単なるテレビ台から変わるかも。

私が申し上げたいのは、テレビボードの役割が少しづつ変わってきているのではないかということです。もう大掛かりなAV機器はいらなくなり、それ用のスペースはむしろ邪魔ですし、つぶしが効きません。一部の小型化されたテレビ関係の機器を片隅に置けば、後はテレビの下にはフリーの収納スペースが広がっていくのです。これからはまったく新しい発想のテレビボードの登場を期待したいと、ちょっとだけ思った次第です。

Ads

-家具コラム