インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



スペースエイジの家具ってどんなのですか?ボールチェアとか…

2015/08/01

 スペースエイジ

スペースエイジのインテリアとは1960〜70年代に流行したデザインの流れのことで、近未来とか宇宙とかを想像させる流線型や球体、独特な曲線を持ったデザイン全般を指します。素材としてはプラスチック等がよく使われました。
家具デザインにも多大な影響を与え、当時デザインされた多数の家具は今でも大変人気が高く、モダンインテリアとして正規品やリプロダクト等で販売されています。

代表的なスペースエイジの家具、ボールチェア。

ボールチェア

スペースエイジの代表格と言えば、このボールチェアでしょう。フィンランド人のデザイナー、エーロ・アールニオがデザインしました。どうです。この形状。コテコテの近未来ノリがたまりませんね。座ってみるとこの形状の為、まわりの音を70%カットするそうです。外見だけでなく本当に自分の世界が完成するこのボールチェア。どうですか?正規復刻品からリプロダクトまで存在します。

ボールチェア

どこまで近未来なんだ!バブルチェア。

バブルチェア

ボールチェアに飽き足らず、なんとアールニオさん、明かりを取り入れたいと思いついたのです。チェーンで天井が吊るすという大胆な発送。そして透明アクリルを全体に使ったより進化したスペースエイジインテリアなのです。いったい誰が…、いやなんでもありません。

バブルチェア

もっとすごいフォーミュラチェア!

フォーミュラチェア

もっとすごいチェアをご紹介しましょう。フォーミュラチェアといいます。F1等のフォーミュラカーから車輪を取り外すと…ほら!フォーミュラチェアの出来上がりです。このインパクトは強烈です。底部分は丸みが付いていて少しロッキングするようです。

-デザイナーズ家具, リプロダクト家具
-