インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



グルッと包み込むような一体感が魅力のロータイプソファ「オランゴ」

ソファ/オランゴ 3P

最近のソファの人気トレンドのひとつ「ロータイプソファ」。
低めのスタイルが開放感を感じさせてくれます。様々なブランドからロータイプソファが発表されていますね。
今回ご紹介のソファ「オランゴ」は背もたれを含めた高さが62cmしかありません。普通のダイニングテーブルが約70cmですから、それより10cm近く低いことになります。イメージが湧きましたか?相当な低さなんですが、実は他社ブランドのローソファでもこの位の低さの商品はあることはありますので、すごく珍しいというわけではありません。

この「オランゴ」ソファの特長としては、背もたれとアーム部分がシームレスに一体化しているところにあります。高さも形状も同じでグルッと取り囲んでいるようなデザインなんですね。それも美しい曲線を描いた丸みを帯びた優しいフォルムに仕上がっています。
ご紹介のソファは、有名な家具産地の福岡大川市の国内工場で生産されたものです。ご紹介のComfort Styleさんのオリジナルソファということで、ソファとしての完成度も大変高い印象を受けました。

自由な座り方が出来る、背もたれ〜肘掛けが優しく繋がったローソファ。

「オランゴ」ソファは、背もたれから肘掛けが一体化して同じ感触なので、普通に座るだけでなく斜めに座って脚を乗せたり、ちょっと寝そべったり、あぐらをかいたりと、好きな向きで自由な使い方が楽しめるソファです。
もともと日本人はきっちりソファに座ることが苦手な民族です。長時間座っていられません。床座りが好きなんですね。ソファの上でもすぐに脚を抱えたり、あぐらをかいたりし出します。このソファはそんな日本人的な使い方にも大変マッチすると思います。

スリムな木製脚もいいですね。200cmのボリュームのある本体をまるで宙に浮いているように見せて、見た目の印象を軽くしていくれます。ソファ下が16cmも空いているのでルンバ等のロボット掃除機にも対応!うれしい仕様です。
また、背面の仕上がりも大変美しいので、お部屋の真ん中にレイアウトしてもいいですね。リビングとダイニングの中間に置いて、スペースの仕切りを兼ねても良いでしょう。ローソファであることが変な圧迫感を感じずに置くことができると思います。
掲載のComfort Styleさんでは、このソファに工場直営ならではの「3年保証」を付けています。商品に対する自信の現れだと思います。
興味のある方は是非チェックを。

ソファ オランゴ 3P

 

-ソファ, 大川家具