インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

飛騨の匠が造った100%自然素材のダイニングテーブルとチェア「MINO」

2016/11/15

MINO dining

国内産くるみの無垢材を使用し、飛騨高山の工房で数人の職人の手により手作りされたダイニングテーブルとチェア「MINO/ミノ」をご紹介します。素材本来の美しさを生かして、全て手作業による味わい深い仕上がりとなっています。柿渋という塗料を使用しており、大変エコで地球環境にやさしい家具になっています。

MINO dining

「柿渋」は今注目されています。

柿渋ってご存知ですか?
柿渋は日本古来から塗料・染料として使われてきました。木材に塗りますと、防水、腐食を防ぐ効果があります。また米袋に柿渋を使用し防虫効果を発揮したり、昔は和傘に柿渋を塗って防水塗料として使っていました。
この柿渋をMINOの塗料として使用しています。人にやさしい自然素材の塗料で、シックハウス症候群にも効果があり、低ホルムアルデヒド「F☆☆☆☆」適合商品となっています。

MINO dining

木だけを組み上げて作る「ほぞ組」の凄さ。

MINO dining

MINOのシリーズは全て釘を使っていません。木のみを組み上げてつくる「ほぞ組」という工法で製作されています。例えばチェアの前脚には、ブラックウォールナットの「くさび」を打ち込んでいます。「割りくさびほぞ」という工法だそうです。

MINO dining

MINO dining

MINOシリーズのダイニングテーブルとチェア。あとベンチもいいですね。
永く使うと味が出てきて、ますます愛着が湧きそうな家具達です。

 

-チェア, テーブル, 飛騨高山家具
-,