インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



座り方の制約から解放される。まったく新しいコンセプトのローソファ「Luu Sofa」

2017/07/20

Luu Sofa white OAK

今回のご紹介は北欧家具のヴィンテージやオリジナル家具で人気の「グリニッチ/greeniche」さんのオリジナルソファ「Luu Sofa」です。
いや〜、これは印象的な美しいソファですね。グリニッチさんらしい北欧系のラインを踏襲しつつ全く新しいコンセプトのソファを作り上げています。

とにかく広くて低いソファ。そして非対称の背もたれアームの意味。

基本はローソファスタイル。座面高も低めの300mmです。これは低い!背もたれを含めた全体高も570mmしかありません。ワイドは1700mmあり一般的な3Pサイズでしょうか。とにかく広くて低いイメージのソファです。座面はフラットタイプなのでデイベッド的な使い方もできそうです。これだけ低いとお部屋の見通しは相当良くなるでしょう。ワイド幅が結構あるのですが北欧系のシンプルナチュラルなデザインということもあり、圧迫感の無いスッキリとした印象です。

そして、「Luu Sofa」のもう一つの特徴でもある非対称に取り付けられた「背もたれ+肘掛アーム」。実はこれ長さが違うだけで形状自体は同じもの。座る方向によって片方が背もたれになったり肘掛になったりします。一部背もたれの無い部分がありますが、これも意図的に開けています。両面から座ることができるわけですね。
普通のソファは座る方向が決まっていて同じ向きに座るわけですが、この「Luu Sofa」は座り方の制約を解放させてくれます。普通に座っても良し、寝転がっても良し、そして座る方向も自由です。

背面の木製フレームが美しすぎる。リビングダイニングの「間仕切り」としても使えます。

Luu Sofa white OAK

美しい背面はリビングダイニングの間仕切りソファとしても最適(※イメージをお借りしました)

ご紹介の「Luu Sofa」はホワイトオーク製の木製フレーム(オイル仕上げ)ですが、これが本当に美しい仕上がりです。特に背面のフォルムが印象的。これだけ美しいと壁側に付けてしまうのはもったい無いです。リビングとダイニングの「間仕切り」としても「Luu Sofa」はバッチリ使えます。実は背もたれが無い部分があって両面から座れるようになっているのはこの為でもあります。
いかがでしょうか。グリニッチのオリジナルソファ「Luu Sofa」。完全受注生産のため多少お時間が掛かるようですが、これだけのこだわりのソファです。それだけの価値はあると感じました。ご紹介はもちろん「グリニッチ」さんです。気になる方は是非、掲載ページをチェックしてみてください。

ソファ | Luu Sofa white OAK

 

-ソファ
-