インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



間接照明やスポット照明、デスクランプとしても使えるモダン系フロアランプ

レディックエグザーム ディーバ フロアランプ

今回のご紹介は自立型のフロアランプ「レディックエグザーム ディーバ フロアランプ」です。
シンプルモダン系デザインで可動式のアームが付いています。昔流行った「Zライト」系のアームですね。結構大型のフロアランプで高さは最大で1730mm。成人男性の背丈くらいの高さがあります。アームを伸ばすと幅は最大で1100mm。丸型のフロアベースは重量感があり、前のめりにライトを伸ばしても不安定にはなりません。つまり自由な位置、角度でスポット的にライトを当てることができるわけです。スポット照明はもちろん、間接照明として天井や壁の一部を当てるという使い方も可能です。

シャープでスリムなデザインとブラック基調のカラーは様々なシーンに合わせやすい

「Zライト」系のアームの付いたフロアランプというと、一つ間違えると「事務系照明」になってしまいますが、ブラック基調のシンプルモダン系のフォルムになっており、なかなかカッコ良いです。この手の照明ですと、インダストリアル系やアメリカンレトロ系などが人気がありますが、ご紹介の「レディックエグザーム ディーバ フロアランプ」は、真っ向勝負でオリジナルなモダンデザインで仕上げてますね。ブラック基調のモノトーンな感じは、様々なインテリアシーンに意外と合わせやすいのではないでしょうか。

レディックエグザーム ディーバ フロアランプ

多様なインテリアシーンに意外とマッチするかも。(イメージをお借りしました)

そして、見た目だけでなくその機能もモダンそのもの。手をかざすだけでLEDライトのオンオフや調光・調色を変えることができる「タッチレスコントロール」が採用されています。明るさと色合いを調節して25種類の光を作り出すことが可能です。結構ハイテクです。
面白いと思ったのは、フロアーベース部分とアームライト部分を切り離してデスクライトとしても使用可能なところ。まあ、最初からデスクランプとして使うつもりでこの商品を購入する人は少ないとは思いますが、生活環境の変化ニーズに対応できるということでしょうね。むしろ、デスクランプ製品が先行して、フロア用ベースが後から追加されたのかもしれません。(私の勝手な印象です)

いかがでしょうか。シャープでスリムな印象の「レディックエグザーム ディーバ フロアランプ」。見た目のかっこ良さだけでなく、機能性もなかなかの実力派フロアランプです。
ご紹介は「ア.デペシュ」さんになります。気になる方はぜひチェックを。

レディックエグザーム ディーバ フロアランプ LEDIC EXARM DIVA FLOORLAMP

 

-照明