インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



古材初心者にオススメ!超人気ノットアンティークス/Knot antiquesの「ABCセンターテーブル」

Knot antiques ABC CENTER TABLE

杉古材やアンティーク加工されたナラ材、アイアン材などの風合い豊かな素材を使って造り出させる「ノットアンティークス/Knot antiques」の世界。大変な人気となっています。関家具が進めるクラッシュプロジェクトのメインブランドとして有名ですが、多方面に大きな影響を与えていて、同様のテイストの商品が競合他社さんからも多数発売されるようになっていますね。まあ、この手の家具は別にクラッシュが最初ってわけでは無く、世界的な広がりのあるブームの一部なんですが、それだけ需要があったってことでしょうか。

いろいろな理由はあるにせよ、クラッシュのノットアンティークスは売れています。
古材テイストの風合いの魅力はもちろんなんですが、北欧家具のテイストをベースにしながらアイアン系の「美味しい」所を見事に取り入れたデザインが受け入れられたのでしょう。加えて、予想外に手に入れやすい価格帯に設定されているところがいいんですね。
「あっ、買っちゃおうかな」って思わせちゃう絶妙の価格設定なんですね。
で、今回ご紹介のABC…ってヤツ(笑)。これも超有名な人気シリーズでして、今回のテーブルだけでなくチェストもあります。

Knot antiques ABC CENTER TABLE

古材の風合いが気楽に楽しめる入門用として最適なABCセンターテーブル

ノットアンティークスのシリーズは古材の風合いを楽しめるわけですが、使っている木材にはいくつかの種類があります。実は全てが本物の古材ではないんですね。杉やニレ、パイン等の本物の古材を使う場合と、ナラやブナ等の新材をアンティーク加工を施して使っている場合があります。

Knot antiques ABC CENTER TABLE

インテラボでも何度がお話しているのですが、本物の古材家具は結構ハードな風合いとなっていて(それが最大の魅力なんですが)、お部屋の他の家具達とのマッチングを考えておかないと変に浮いてしまったりすることがあります。ダイニングテーブルなんかはまさにそう。その場合は古材を選ばずにナラ材のアンティーク加工タイプを選んでおいた方が良いかもしれません。古材と比べると風合いが大人しく優しい感じです。

今回ご紹介のABCセンターテーブルですが、杉古材を使っているのに関わらず天板に強化ガラスが入っているので、普段の使い勝手も良くて気楽に古材の風合いが楽しめます。「ABC」の造形もちょっとしたワンポイントになっていて、ハードな古材感が和らぐというかテイストの違う家具達にも馴染みやすい印象があります。
古材に興味がある人に一つ目の「古材家具入門編」としてオススメしたいですね。実際に使ってみて「古材…いいね」ってことになったら、チェストやボード類、そしてダイニングテーブルと揃えていったらどうでしょうか。
flymeeさんに掲載されています。

Knot antiques ABC CENTER TABLE

-古材家具
-,