インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介



有名デザイン賞に輝いた、ヒノキとスチールのやさしく温かみのある学習机

 

木とスチールのずっと使えるつくえ今回のご紹介は「学習机」ですが、一般的な学習机の範疇を超えた、大変奥深い机です。非常にシンプルなフォルムの机ですが、そのデザインコンセプトは高い評価を受け、グッドデザイン賞などいくつかの有名アワードを受賞しています。
機能てんこ盛りの今時の学習机とは、ある意味、真逆のシンプルな机です。単に「つくえ」と呼ばれていることからも、小さなお子様から大人まで末長く使ってもらうことを想定しているのでしょう。ひのきを使って自然塗料で作られたナチュラル感たっぷりの机なんですが、下半分が黒くなっています。実はこれスチールなんですね。

何年使っても色褪せない、ローデスクにもなる2段式構造

木とスチールのずっと使えるつくえ

スチール部分を分離するとローデスク+ワゴンになります。(※イメージをお借りしました)

ひのき製の本体デスクと下部のスチール製部分とは分離できるようになっており、ローデスク(文机)としても使うことができます。もちろん、引出し部分も単独のワゴンとして使えます。小さなお子様用デスクとして使えますし、年配の方用の文机や、和室用机としても使えます。2段式パーツを組み立てれば元の机に戻ります。組み立ても簡単です。
ひのきとスチールのコントラストは大変シックで洗練された印象を与えてくれます。2段式の仕掛けに目が行きがちですが、細部まで手をかけて作り込まれており家具としてのクオリティも一級品です。
この机のデザインコンセプトを気に入っていただけた親御さんやお子様は、何年使っても色褪せない素敵な机を手に入れたことに気がつくことでしょう。
ご紹介は「家具の里」さんになります。この机の詳細は掲載ページにてご確認ください。

木とスチールのずっと使えるつくえ ナチュラル

 

-デスク