インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



エーフラットさんのケイ・ローソファはラタン、ヒアシンス系ローソファの傑作

2015/08/01

ケイ・ローソファ

私の大好きなエーフラットさんのケイ・ローソファは、アジアン家具の典型的なソファと言えるでしょう。ラタンやヒアシンスを使ったファブリック系のローソファです。で、ここまで言うと、ああよくあるアジアン系のソファだよねって言われそうですが、このローソファ。大変良く考えられたソファなんです。座り心地の完成度はもちろん、将来に渡って、無限の組み合わせが可能といっても大げさではないほど柔軟性のあるソファと言えるでしょう。

基本10パーツと取り外し可能なアーム部分が無限の組み合わせを生み出す。

ケイ・ローソファ

エーフラットさんのソファは他のシリーズもそうですが、一つ一つのシリーズが大変良く練りこまれています。そこには作りっぱで無い末永く使って頂こうという姿勢が見え、たぶん永い付き合いになるんだろうなって、良い意味での予感を感じてしまうのです。
このケイ・ローソファのシリーズでも1P、2P、2.5P、3Pと来て、コーナーやカウチ、ベンチ、オットマン等のいろんな組み合わせができるパーツ群が揃っています。特筆すべきはこのソファのアームは取り外しが可能なことです。この機能のお陰でアームの付いた2Pや3Pなどの基本となるソファを先に買っておいて、将来家族が増えたり引越し等で大きな部屋に移った時に、カウチやコーナーソファを買い足して合体することができます。アーム部分は無駄になりません。よく考えてありますよね。

 ケイ・ローソファ

ケイ・ローソファ

ケイ・ローソファの実際の座り心地

実際に店舗に伺った時に座ってみましたが、私の好きなタイプのソファでしたね。
何よりも座面の奥行きがあるのが大変座りやすい。640mmの奥行き感がうれしい。しかも高さ330mmのローソファ。純日本人の私はソファの上で、あぐらをかいたりすることが多いのですが、大変しっくりくるソファでした。クッションの感じもテン・ハイバックソファの時と同様大変良い感じ仕上がりでした。お勧めです。お値段的にもテン・ハイバックソファより若干お求めやすい価格帯になっていて嬉しい誤算です。

ケイ・ローソファのクッションカバーと脚カバーのバリエーション

ケイ・ローソファ

エーフラットさんお得意のクッションカバーのバリエーションは毎回驚くばかりです。別売りの替えカバーはもちろんファスナーで脱着式。ドライクリーニング可能です。イタリア製天然素材のcaleido(カレイド)ファブリックカラーは30色をご用意。よりアジアンの風合いの3種の糸を縒り合わせたplano(プラノ)ファブリックカラーは3色。以外なことにソフトレザーのカバーも用意されていました。こちらは3色。大変なバリエーションです。迷いそうです。

ケイ・ローソファ

ケイ・ローソファ

エーフラットさんでお求めできます。

-ローソファ
-