インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

マットレスだけを買い替えるという選択。ニトリとシーリーが共同開発した驚異のコストパフォーマンスモデルを選ぶ。

2016/06/11

ニトリシーリー

ベッドという家具はベッドフレームとマットレスから出来ています。
例外として、安いベッドの中には一体化したものもありますね。マットレスに直接脚が生えているタイプ。あとは海外高級ブランドのダブルクッションのような土台部分もクッションになっているタイプ、これは見た目は分かれていますが、専用ベースとなり一体化しているのと大差ありません。
普通のベッドはフレームの上にマットレスを置いています。何かの仕組みでくっついているわけではありません。そしてサイズもシングル、セミダブル、ダブル等の定型のサイズがだいたい決まっています。つまり何が言いたいかというと、ベッドフレームの上にマットレスは乗っかっているだけで、別のマットレスに取り換え可能ってことです。しかも同じブランドである必要もありません。

気にいって購入されたベッドも十数年使ってくると、フレームもマットレスもそれなりの年季が入ってきます。特にマットレスは10年が過ぎると本格的に「ヘタリ」がひどくなります。ベッドカバーやベッドパッドをお使いでも、いつの間にかマットレスの角の部分が破れていたりします。
もちろんお使いになる方や住環境によって違ってきますので断言はできませんが、一般的にはベッドフレームとマットレスを比べるとマットレスの寿命が先に来てしまうのです。

一番オススメなのが、ベッドフレームは既存の物を残し、マットレスだけを買い替えるという選択です。予算に余裕のある方なら全てを買い替えれば良いのですが、使える予算が限られているとそういうわけにもいきませんよね。でもあまり安いベッドにグレードダウンしてしまうのも嫌です。そこでマットレスだけを購入するわけです。ぶっちゃけベッドの善し悪しってマットレスで決まるといっても過言ではありません。予算の全てをマットレスに集中させれば、よりグレードの高い「質の高い寝心地」を得る事ができるわけです。

後は簡単です。最もコストパフォーマンスの高いマットレスはどれか、探せば良いのです。

お、ねだん以上のニトリの宿命

お、ねだん以上。のニトリさん、皆さんご存知ですよね。
商品開発から製造そして物流まで、ほぼ全てを自社でコントロールすることで圧倒的な価格を実現していす。ニトリの製品はとにかく安いのですが、「品質は?」「ニトリの家具は安かろう悪かろうじゃないの?」っていう口コミの類いをご覧になったことがあるかもしれません。低価格家具に必ず付いて廻る品質への疑念。これを払拭するには、製品の品質を上げていくしかありません。「お、ねだん以上。」というコピーには低価格でも良い品質の家具を作り続けるというニトリの宿命というか執念みたいな物が感じられるのです。

世界有数のベッドメーカーのシーリーベッドがニトリの為に用意したマットレス。

シーリーベッドは米国の世界トップクラスのベッドメーカー。ベッドの構造には大きくわけて独立コイル型(ポケットコイル)と連続コイル型(ボンネルコイル)の2種類がありますが、ポケットコイルの親玉がシモンズでボンネルコイルがシーリーと覚えておきましょう(笑)。
ただしボンネルコイルといっても安物のマットレスでよく見る「それ」ではありません。シーリーが生み出した世界特許技術の結晶「ポスチャーテックコイル」が最高レベルの寝心地を生み出します。ニトリと共同開発したこのマットレスにも「ポスチャーテックコイル」が採用されています。恐るべきコストパフォーマンスです。しかも送料無料で5年保証の太っ腹です。

最後に。このマットレスはコストパフォーマンスが最高なのであって、品質が最高と言っているわけではありません。シーリーの正規カタログには呆れるほどの価格の上位クラスのマットレスが並んでいます。寝心地も残念ながらこのマットレスより数段上です。
しかし、シーリーブランドのテクノロジーをこの価格帯で体験できるマットレスは他にはなかなか無いと思います。ノンブランドの29800のマットレスは嫌だ。かといって何十万もする一流メーカーのマットレスを買う予算は無い…そういう人にオススメ出来るマットレスなのです。

シーリー シングルマットレス(6930) ニトリ 【送料無料・配送員設置】 【5年保証】

 

Ads

-ベッド, マットレス
-,