インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

デスクワーク環境を改善するフットレストのすすめ

フットレスト FOOT CUSHION

IT系ではPC作業がメインの長時間デスクワークが日常化しています。
自宅ならともかく、会社での作業の場合、支給されているデスク・オフィスチェアは必ずしもご自身の体型にフィットしたものとは限りません。そのような状況下での長時間のデスクワークの結果、首や肩、腰を痛めてしまうことがあります。そして接骨院やマッサージ店に定期的にお世話になってしまう・・・よくあるパターンです。

この状況をできるだけ少なくするには、まずはご自身の作業環境を改善するしかありません。とは言え会社に高機能な高級オフィスチェアを買ってくれとはなかなか言い出しにくいのも事実。
そこで今回のご紹介です。一番手頃な改善アイテムがフットレストなのです。価格も比較的安価なので、最悪会社が買ってくれなくても、自費で用意することも可能です。

なんと言ってもデスクの高さ調整が最重要!

まず一番重要なのはデスクの高さでしょう。高さ調節のできるデスクはほとんど無いと思いますので、チェアの座面高で調整することになります。キーボード上の手から肘までがちょうど水平になり、PC画面を少し見下ろす程度の高さが良いと言われています。
そのような高さに調整したときに足はどうなっていますか?自然な形(太ももが水平で両足が床に付いている)ですか?もし、足が届いていない場合、無理な姿勢を長時間続けることになります。これはよろしくない。
で、フットレストの登場です。足元に置くだけで宙ぶらりんの両足をしっかりサポートしてくれます。ご紹介のFOOT CUSHION(フットクッション)は本体の曲線により、斜め部分と平らな部分を使い分けることができます。

より理想的環境をめざすならデスク環境を10度傾斜してみよう。

10度傾斜

フットレストと傾斜台でデスクワーク環境を改善!(※イメージをお借りしました)

デスクの高さを調節し、フットレストで足元をサポートすることで無理のない姿勢でデスクワークをすることができるようになりますが、もう一歩進んで、より理想的環境を目指すなら、デスク・チェアを含めたデスク環境全体を10度傾斜してみましょう。

10度倒すことで首や肩への負担が軽減されて快適なデスクワーク環境が構築できると言われています。
一部の高級OAメーカーには近いコンセプトの商品が存在しますが、結構高額です。コスパ良く環境を揃えるとすると、今回ご紹介のフットレストをはじめとして、10度リクライニング可能なOAチェア(高さ調整可能なアームレストとヘッドレスト推奨)と、デスク上のキーボード環境を10度傾斜させる「卓上傾斜台 angle10/アングルテン」の組み合わせがオススメです。

卓上傾斜台 angle10

10度傾斜環境の恩恵については、ご紹介の「Workaholic」さんの商品ページに詳細が掲載されておりますのでご確認ください。
実は、私も過去に「Workaholic」さんでエルゴヒューマンというチェアを購入しました。実際にお店にお伺いして詳しいお話を聞きました。デスクワーク環境を良くしたいならオススメのショップです。気になる方は是非チェックしてみてください。

フットレスト FOOT CUSHION(フットクッション)

卓上傾斜台 angle10 (アングルテン)

 

Ads

-チェア