インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



ウィスキーの国産樽材ウィスキーオーク材で作られた美しいソファ

2014/07/07

ウイスキーオークシリーズ whisky oak ソファ1人掛け

ウィスキーの樽の材料として20〜30年使われたものを「ウィスキーオーク」と言います。このオーク材は普通の古材とは違います。ウィスキーやワインなどが長い年月しみ込む事で独特の風合いが生まれます。この素晴らしい至高の木材を使って作られた家具が「ウイスキーオークシリーズ/whisky oak series」なのです。
企画製造は「吉桂」。家具業界の人間なら誰でも知っている家具の問屋さんです。最近では商品開発も積極的に行っているようです。サスティナブルデザインというコンセプトを提唱していて、環境に負担を掛けずに再生利用可能な素材を提供していくという考えが根底にあります。このシリーズも貴重な素材を失う事なく大切に再利用し、独自のモチーフを加えた良いシリーズだと思います。コストパフォーマンスも良好。

ウィスキーを飲みながらウィスキーオークソファで寛ぐなんでどうでしょう。

長い年月を樽材として過ごしたオーク材の質感にはグッと来るものがあります。普通の古材家具に飽き足らない人は要チェックです。別にお酒の匂いがプンプンするわけではありません。樽だった時の釘打ちのキズ等は風合いとして残ってはいますが、家具職人による手作業でオイルフィニッシュが施されています。カラーは深い色合いが渋いブラウン系WBRとナチュラル系のNWHが選べます。サイズは1Pと2Pがありますが、どちらもゆったり目の寛げるサイズのソファとなっています。お酒がますます美味しくなりそうです。
シリーズとしては他にテーブルやチェア、ベンチ、デスク等があります。どれも質感たっぷりで価格もお手ごろです。オススメ。

ウイスキーオークシリーズ whisky oak ソファ1人掛け

-ソファ, 古材家具, 国産家具
-, ,