インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

北欧デザインの美しいスタッキングチェア。「ワルツ」

2013/12/04

 WALTZ-DC-WO

スタッキングチェアというのはチェアを重ねて置く事ができる椅子のことです。普通は会議室等で見かける、あの手の椅子を思い浮かべるかもしれません。このワルツというチェアは北欧デザインを取り入れつつ、スタッキングも可能にしたちょっと珍しいチェアです。
柔らかいカーブを持っている背もたれ部分や丸くてやや絞りのあるシンプルな脚は北欧テイストそのもの。安定感のある座り心地も実現しています。

スタッキングチェアってどんなところで使いますか?

このワルツというチェアの最大の魅力はパッと見、スタッキングチェアに見えない事です。ところが本当に美しくスタッキングできます。普段は普通にダイニングチェアとして使って、いざと言う時にスタッキングする。何かの理由でお部屋を広く使いたい時に隅っこに片づけたい時ってありませんか?本格的に掃除したい時とか、何かのイベントとか?そういう時に「ああ、この椅子スタッキングできたんだ」と思い出すかもしれません。
また、コストパフォーマンスの良さからダイニングだけでなくちょっとした打ち合わせ室やカフェ等にも使えそうです。

このワルツチェアが安い理由

このワルツチェアの魅力は大変ローコストであることにあります。その理由のひとつとして使われている木材の節目や色むら等を天然木の風合いのまま使用している点にあります。高級家具にあるような傷や節目ひとつ無い鏡面のような仕上がりの家具をご希望の方にはこの手は家具はおすすめできません。

最近の家具のトレンドとして素材感をそのまま使う家具が増えています。古材とかヴィンテージ系仕上げとか。あたかも使い込んだような風合いに人気が集まっているのです。
普通に使っていけば家具は必ず小さな傷が付いてきます。もしそれすら嫌だということなら家具に触れない生活をしなければなりません。それって本末転倒ですよね。家具は使い倒して欲しいものです。

スタッキングも出来るダイニングチェア WALTZ-DC-WO

Ads

-チェア
-