インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

オールプラスチックのレトロでポップなミッドセンチュリーの傑作チェア「パントンチェア(リプロダクト)」

パントンチェア

家具の世界で「ミッドセンチュリー」とは文字どおり1950年代前後に製造された家具のことを指しますが、どの家具でも「ミッドセンチュリー」というわけではありません。第二次大戦直後という時代背景を反映したというか、ある種の必然から生まれた特別な家具たちのことを指しています。
大戦が終わったことと、戦争で様々な素材の新技術が生まれたこと、そして何より世界が平和になり人々がそれぞれの人生設計・家庭を顧みる気持ちになったとき、家具たちにも大きな需要が生まれました。
新素材を使った家具が大量生産されるようになったのはある種の必然であったと思います。イームズをはじめとする優れたデザイナー達が登場し今でも根強い人気を持つ「名作デザイナーズ家具」達が登場したわけです。

例によって、前置きが長くなりましたが、「パントンチェア/Pantone chair」もそのひとつ。1960年に生まれたミッドセンチュリー家具です。オールプラスチックで一体成型を世界で初めて実現したチェアで、量産化を前提としたという点で、分かりやすいミッドセンチュリー家具と言えますね。
今回のご紹介は正規品ではなく、リプロダクト(ジェネリック)家具です。意匠権が無いことを確認して作られている精巧なレプリカ商品になります。イリーガルなコピー商品ではありませんのでその点はご安心を。

パントンチェアの正規品ではなくリプロダクトを進める理由

パントンチェアの正規品はVitra社が製造しています。実は正規品ではありますが当時のオリジナルとは違います。オリジナルは重くて扱いにくいFRPという素材が使われていましたが、今は安くて大量生産に向いたポリプロピレン(PP)に変わっています。それでもリプロダクト製品の3倍以上の価格差があります。
FRP製のオリジナルに近い正規品もありますが、15万円くらいします。いくら名作デザイナーズ家具とは言え、プラスチック一体成型のチェアにこの価格は一般の方にはオススメしにくい。一部のマニアックなコレクターにお任せしたいところです。

ご紹介の「パントンチェア(リプロダクト)」は、軽量なポリプロピレン製で約5.6kgです。オリジナルのFRP製だと15kg程度あります。ずいぶん重さが違いますね。カラーリングもオリジナルのビビットなビタミンカラーではなく、若干ですが色味を抑えて使いやすいカラーバリエーションを採用しています。気軽なご予算でパントンチェアのミッドセンチュリーのコンセプトを楽しみたい方にオススメしたいですね。
ご紹介は「ドルチェ」さんになります。商品の詳細は掲載ページにて。

パントンチェア 7カラー Pantone chair 復刻版 ジェネリック製品 リプロダクト

 

Ads

-チェア, ミッドセンチュリー, リプロダクト家具