インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



レトロポップなスペースエイジ感たっぷりのファットスツール

2014/10/04

SWITCH Fat high stool

SWITCH Fat stool

ミッドセンチュリーの王道をいく関西のブランド、スウィッチ/SWITCHさんのレトロでポップなファットスツールです。
ノーマルタイプとハイタイプがあります。基本的には高さが違うだけです。
素材もファブリックの座面+ソフトレザーの本体とスチール脚と安定感のある組み合わせで、お求め安い価格帯に収まっているのもこのスツールの魅力のひとつでしょう。しかし、このスツールの魅力は何といってもこのスタイル。まんまるとスペースエイジテイストたっぷりの姿にビビっとくる人がいるはずです。

SWITCH Fat stool

どこか懐かしいレトロ感とコテコテの未来感がたまりません。

SWITCH Fat stool

いつも思うのですが、スウィッチ/SWITCHさんの「わかってる」感はほんとにハンパ無いというか、突いてきます(笑)。例によって豊富なファブリックのバリエーションがあります。ノーマルタイプからミッドセンチュリー感満載のいけてる柄も多数ご用意されていますよ。センスの見せ所です。
スウィッチ/SWITCHさんは大阪のカナタ製作所という家具メーカーのブランドです。実は東京渋谷にお店がありましたが、三鷹に移転されました。より大きなショップになってようですね。お近くの方は是非一度見に行かれたらいかかでしょう。

SWITCH Fat high stool

SWITCH Fat stool

-スツール, デザイナーズ家具, ミッドセンチュリー
-,