インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



二段ベッドの代わりに安全で使い勝手の良い親子ベッドはいかが?

すのこ仕様の木製親子ベッド

お子様がお二人の場合に一緒の部屋で寝るとなると、やはり二段ベッドが定番でしょうか。
でもあの高さと圧迫感が嫌だったり、子供が落ちたら心配だとかお考えなら、「親子ベッド」という選択肢があります。
シングルベッドフレームの下に潜り込む様にちょっと低めのフレームが入っているのが「親子ベッド」の基本スタイル。普段は重なってますのでシングルベッドのスペースしかありませんが、夜寝るときはキャスター付きの「子ベッド」を引き出すだけで簡単に二つのベッドを用意できます。
一番の長所は「低い」こと。普通のベッドと同じ高さしかないので子供の寝顔が見れますし、安心感があります。

すのこ仕様の木製親子ベッド

いつでも簡単に別々のベッドになる親子ベッド

子供は大きくなると二段ベッドを卒業する日がいつかやってきます。別々の部屋にベッドを置くこともあるかもしれません。
そういう時期を想定して、二段ベッドの中にはベッドフレームをバラバラにして単独の二つベッドとして使うことができるモデルも存在します。しかし、あの大きな二段ベッドを下ろして単独ベッドに組み替える作業は実は大変。将来的にそういう時期を見込んで購入するものの実際には組み替えが面倒くさいのと、やはり単独のベッドとしてはカッコ悪いとお子様に不評で、二つベッドを買い直してしまうことも少なくありません。
「親子ベッド」の場合は引き出すだけなので簡単に別の部屋に移動することができます。キャスター付きなので超カンタンです。子ベッドに寝ることになった子は低くて少しかっこ悪いかもしれませんね。ちょっとだけ我慢してもらって、少し経ったらそちらだけシングルベッドを買い直すというのもありかもしれません。

文字通り、親子でも使える親子ベッド

お子様の話ばかりしていますが、実は「親子ベッド」は文字通り「親子」で使えるベッドなんですね。正確には親子というか家族で誰でも使えるベッドということになります。
キーワードはズバリ「省スペース!」。限られたスペースでベッドを置きたいと考えても、さすがにいい歳して二段ベッドは厳しいと思います。家族でベッドで寝たいけれど場所が取れない場合に「親子ベッド」がマッチする場合が少なくありません。というか「親子ベッド」しか選択肢が残ってないんですね。
今回ご紹介の「親子ベッド」は、北欧系のおしゃれなベッドフレームで親子ベッドどちらも「スノコ仕様」で大人も十分に使えるスペックを持っています。親子2台セットでコストパフォーマンスも抜群です。

子供が大きくなったら、収納スペース付ベッドとして使える。

すのこ仕様の木製親子ベッド

最後に、お子様が大きくなって親子ベッドが必要なくなってしまった。または家族で使ってきたが最終的に一人で使うことになった場合には、親ベッドの方に今まで通りに寝ていただいて、子ベッドは収納スペースとして使うことができます。
もともとキャスター付ですから引き出すのも簡単。スノコが通気性も確保してくれます。収納するとこれが親子ベッドだなんて誰にもわかりません。何の違和感もなく普通のシングルベッドとしてお使いいただけるわけです。
ご紹介はnerucoさんになります。詳細は掲載ページにてご確認ください。

すのこ仕様の木製親子ベッド

 

-ベッド
-