インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

「諸富家具」平田椅子製作所の傑作ラウンドチェア「トリノ」

ラウンドチェア/トリノ

諸富家具/もろどみかぐ」をご存知でしょうか。
特定の家具屋さんのことではなく、佐賀県諸富町に集まっている家具関係メーカーが立ち上げた家具産地プロジェクトのことです。すぐ近くにある有名な大川の「大川家具」がありますね。地域の家具産業をアピールしていくというコンセプトは同じですが、「諸富家具」ならではのオリジナリティ溢れる元気なメーカーさんが集まっているようです。
今回ご紹介のラウンドチェア「トリノ」ですが、椅子の専門家具メーカー「平田椅子製作所」さんの商品です。椅子専門というのが珍しいですね。「諸富家具」の専門メーカーならではのこだわりが感じられるチェアです。

プライウッドの美しい曲線の本体と無垢材フレームの脚のコントラスト

ラウンドチェアとは、脚が固定した状態で座面から上が回転するチェアのことで、単純に回転式チェアなんて言ったりもします。ご紹介のラウンドチェア「トリノ」ですが、がっしりとした回転式金具で回るわけですが、屈んで覗き込まなければその金具はほとんど見えません。
座面から背もたれにかけては美しい曲面を描く一体型の成形合板/プライウッド製で、古くは名作デザイナーズ家具、ミッドセンチュリーと呼ばれた不朽の名作家具などで数多く使われてきた実績のある素材です。その上にウレタンを乗せ張地を取り付けています。張地は耐久性の高いPVCレザーやファブリックなど14種類がご用意されています。
そして、脚ですが、対照的に角材タイプの無垢材で組まれたがっしりとしたもの。ウォールナットやブラックチェリーなどの人気樹種6種類から選ぶことができます。

ラウンドチェア/トリノ

このプライウッドの曲線美の本体と無垢材フレームという、一見ちぐはぐな感じがする別テイストのパーツをラウンド/回転式金具で繋いだのがラウンドチェア「トリノ」の特徴というか全てなんですね。テイストが違うからでしょうか、まるで座面が浮かんでいるようにも見えます。脚フレームの上部を絞ったようなデザインにすることで座面が大きく見え、脚との接合部を隠すことで、浮かんでいる感じがするのでしょう。

ご紹介の「オオカワスタイル」さんでは工場お取り寄せ品となっています。受注生産に近い状況ではないでしょうか。価格に関しては「諸富家具」の椅子専門メーカー平田椅子さんの製品であることを考えますと十分に納得のいくものだと思われます。
ラウンドチェア/回転椅子で良いものをお探しの方に是非オススメした逸品です。詳細は「オオカワスタイル」さんの掲載ページにてご確認ください。

ラウンドチェア/トリノ

 

Ads

-チェア
-