インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



寒い季節にホッコリする。お洒落な北欧シープスキンをチェアやソファに使う。

シープスキン

段々と寒くなってまいりました。
寒い冬を快適に過ごす為の暖房器具は用意されているとは思いますが、単に暖かいだけでなく、ちょっとゴージャスでホッコリするシープスキンをご紹介します。
シープスキンというのは文字通り「羊の毛皮」なんですが、ムートンってありますよね。何が違うのだろうって思った事ありませんか?本来はシープスキンが英語とムートンがフランス語の違いだけで同じ物なんです。どっちも本物の毛皮。対してフェイクファー/フェイクムートンと呼ばれるポリエステル等を使った人工的な素材もありますね。
今回ご紹介するのは、もちろん本物のシープスキンとなります。サイズはチェアパッド用の丸いタイプと、ロングタイプの2種類になります。

もふもふ感がまたらない、ソファやチェアにラグジュアリー感をプラス。

シープスキン

このシープスキンはOrganic Sheepという北欧ブランドの製品です。本国サイトを見てみると今回ご紹介の2サイズより大きなサイズも有るみたいですが、お取り扱いのscopeさんでは扱いやすいタイプを選んでいるのでしょうか。直径350mmのチェアパッドと1050×750mmのシープスキンの2タイプが掲載されています。
ただし、このサイズはあくまでも「約」という但し書きが付きます。リアルな羊の毛皮なので形、色など大きく異なっています。実際には数センチレベルの個体差があるようです。ロングヘアーとショートへヤーとして毛足の長さを2種類選べるだけです。全て自然由来の一点物ということになるわけで、ここがまた楽しいところでもありますよね。

シープスキン

使い方はもちろん、自由です。天然の毛皮ならではの「もふもふ感」とやさしい暖かさが、品の良いラグじゃリー感を醸し出しながら楽しめます。冬はヒンヤリするレザーソファに掛けると暖かく座れますし、布張りソファの掛けるとシープスキンソファにいきなりグレードアップ(笑)。リビングやベッド脇に敷くのは一番王道の使い方でしょう。私が個人的に気に入ったのはロングタイプをダイニングチェア全体にガバッと掛けて使う方法。これいいですね。やってみたくなります。
この続きはscopeさんの掲載ページをご覧下さい。

Organic Sheep Sheepskin ロングヘア ナチュラル ブラウン

Organic Sheep Sheepskin ショートヘア ナチュラル ホワイト

Organic Sheep Sheepskin ロングヘア ナチュラル グレー

 

-北欧家具
-