インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



尾道帆布とナラ材で作られた、折りたたみ式リラックスチェア

尾道帆布のリラックスチェア

やさしいナラ材と尾道帆布を使って作られた折りたたみ式のチェアをご紹介します。
リラックスチェアと名前が付いています。親しみの湧くナチュラル感たっぷりのフォルムが魅力的で、布地には「尾道帆布」が使われています。製造元の「橋本家具工芸」さんが広島県尾道市あるからなんでしょうね。地域愛が感じられる作品です。しかもこのリラックスチェアは受注生産品で、この後ご紹介する折りたたみ式オットマンも同じく受注生産です。元々、無垢材のオーダー家具を中心に製作されているそうで、このリラックスチェアもセミオーダーを受け付けているとのこと。折りたたみチェアのセミオーダーってどんなオーダーなんでしょうか。ちょっと気になりますね(笑)。

場所を取らない、固定されないリクライニングチェアが欲しい人に。

世の中にはリクライニングチェアと呼ばれるイスはたくさんあります。
その多くは機能優先で座り心地は確かに良いのですが、大きくて、重く、重厚なチェアが多いんですね。北欧系の有名リクライニングチェアの専門ブランドで有名な製品があって、素晴らしいリクライニングチェアなんですが、とにかく大きくて重たい。そしてビックリするほど値段も高いです。
もっと気軽に、場所を占有されずにリクライニングチェアを楽しみたい。そういう要望を考えると、今回ご紹介の「折りたたみ式」リラックスチェアのような製品にたどり着きます。実は、折り畳み式リクライニングチェアは国産ブランドに意外と良いものが多いんですね。隠れた名作的な。
今回ご紹介の橋本家具工芸さんのリラックスチェアもその一つではないでしょうか。

シンプルで末永く使えそうなリラックスチェアとオットマンの組合せでゆったり。

尾道帆布のリラックスチェア

構造はとにかくシンプルで、4ヶ所のミゾの位置を変えるだけでリクライニングの角度を調節します。単純な構造なだけに末永く使えそうですし、ナラ無垢と尾道帆布の素材感も良い意味で生活に馴染んでくれそうです。大きさですが、大人が十分にリラックスできる大きさがあり、背もたれ部分も頭までサポートする「ハイバック」サイズで余裕があります。
この手の浅い角度になるリクライニングチェアは、必ず足の置き場が欲しくなりますが、同シリーズで折りたたみ式のオットマンが用意されています。(単体のスツールとしてもご利用頂けます。)
こちらも尾道帆布+ナラ材製と同じコンセプトの製品です。もしリラックスチェアを購入されるなら、是非オットマンも一緒に揃えることをオススメします。

尾道帆布のリラックスチェア(おとな用)

尾道帆布の折り畳みスツール オットマン

 

-スツール, チェア