インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



ソファの角度を変えることで4つの座り心地を提案する。NDstyle.の「クアッド/QUADソファ」

ソファ クアッド QD-SF3

NDstyle.から面白いソファが発売されていました。なんでも4つの座り心地が選べるソファなんだそうです。その名は「クアッド/QUADソファ」。見た目はNDstyle.さんお得意のオリジナル系ファブリックソファなんですが、その仕組みが面白い。
大小2本ずつ付属している木製脚の取り付け方を変えることで、ソファ全体の角度や高さが違うセッティングを4パターン作ることができるんです。それによって結果として「4つの座り心地」が実現するというわけ。残念ながら座り心地そのものが硬くなったり柔らかくなったりするわけではありません。もし、そんな仕組みをソファ内部に仕込んだら、大変な金額になっちゃうんじゃないでしょうか。
NDstyle.さんはソファ自体には手を入れずに、脚を変えるだけという、最も簡単な方法で違う座り心地が楽しめるソファを開発したわけです。

いつも思うんですが、NDstyle.さんの商品に対するアイデアというか開発力というのでしょうか、本当に凄いものがありますね。インテラボでも何回かご紹介させていただいておりますが、唸らされる製品が多いです。

ソファ全体の角度が変わるだけで世界が変わります。

4つの脚のパターンは図の通りなんですが、なかなかよく考えられています。脚は大小2種と申しましたが、実は“見えない”3種類目と4種類目の脚があります。それはソファ後部の取付け位置が前後2種類選べるんですね。加えて脚を付けなくてもソファ後部は直接床に設置できるように作られており、このことでたった2種類の脚でバリエーションに富んだセッティングが出来るわけなんです。

ソファ クアッド QD-SF3

ほぼ水平(1.5度)の「Active」と、少し後ろに傾斜(4.5度)の「Standard」、そして、そのまま約4cm低くなる「Low」、最後はより後方に大きく倒れる(8.0度)の「Easy」という具合です。
手前にリビングテーブル等を置いて読書やパソコンなどされるなら「Active」か「Standard」。
よりゆったりとくつろぎたいなら「Easy」といった感じでしょうか。
脚は全部最初から付属していますので、特に追加で何か購入する必要はありません。ちょっとした気分展開や思いつきで脚を付け替えることができます。ひとつのソファで「4度美味しい」みたいな(笑)。
いかがでしょうか。NDstyle.の「クアッド/QUADソファ」。
ご紹介はルームズ大正堂さんになります。詳細は掲載ページにてご確認ください。

ソファ クアッド QD-SF3【グッドデザイン】

 

-ソファ
-,