インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

驚異的コストパフォーマンスの不思議な形のセンターテーブル「LUPUS/ルーパス」

センターテーブル LUPUS ルーパス A

本日は「LUPUS/ルーパス」シリーズのセンターテーブルを2脚ご紹介します。ちょっと不思議なフォルムが印象的なテーブルです。もっと印象的なのはコストパフォーマンスが抜群なところ。節ありのラバーウッド無垢材を使っていて、おそらく海外製と思われますが、それにしても安い(笑)。驚異的です。

ビーンズタイプのかわいいフォルムと小さな穴がポイントの「LUPUS ルーパス A」テーブル

まずは「LUPUS ルーパス A」テーブル。幅94×奥行50cmのコンパクトなセンターテーブルですが、天板の形が俗に言う「ビーンズ」タイプになっていて、とても可愛い。しかもサイド部分にいくつかの丸い穴が空いていて、その二つには袋がぶら下がっており、ペンのような筆記具やリモコンなど、身の回りの小物アイテムを入れることができます。一番大きな穴はコーヒーカップを入れる穴なんですが、アイデア次第でいろいろな使い方ができそうです。そして、価格は・・・何度も言いますが驚異的です。

2つのテーブルを組み合わせたり離したり、レイアウト自由自在な「LUPUS ルーパス E」テーブル

センターテーブル LUPUS ルーパス E

もうひとつの「LUPUS ルーパス E」テーブルも不思議な形をしています。
三日月を向かい合わせたようなフォルムですが、別々の二つのテーブルです。高さが少しだ違っており、低い方のテーブルを食い込ませるようにレイアウトが可能です。向かい合わせて一つのテーブルとして使ったり、片方を食い込ませて「L字型」や、横に並べて「I字型」ってもの有りえますね。個人的には個々のテーブルの「ひょろ長い」フォルムが気に入りました。完全に離してしまって別々に使うのもありじゃないでしょうか。二つのテーブルのセットであることを考えると、コストパフォーマンスはやはり強力ですね。
いかがでしょうか。「LUPUS/ルーパス」シリーズの不思議な形のセンターテーブル達。ご紹介は「IKI-KAGU」さんになります。商品の詳細は掲載ページにてご確認ください。

北欧風 センターテーブル LUPUS ルーパス A

北欧風 センターテーブル LUPUS ルーパス E

 

Ads

-テーブル