インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



九州熊本産の栗の無垢材とガラスのスクエアなリビングテーブル

熊本栗100% 栗の木ガラステーブル

九州熊本産の栗の木を使った珍しいリビングテーブルをご紹介します。
ブランドは「granata/グラナータ」さん。同じ九州の福岡県に自社工房を持ち、企画デザインから製造まで行うメーカーさんでもあります。この「granata/グラナータ」さんが熊本産の栗材に出会うまでの詳しい経緯は不明ですが、「クマグリー/KUMAGREE」という栗材に紐付けたシリーズブランドを立ち上げています。熊本の栗材に相当惚れ込んでいるようで、大変な力の入れようです。
今回のご紹介のリビングテーブルですが、この栗材をメインにガラス天板を取り付け、大変お洒落なリビングテーブルを完成させました。

栗の木のナチュラル感の中にガラスのモダンテイストが融合したテーブル

人気樹種のウォールナットをはじめとして無垢材のテーブルは人気があるのですが、オール無垢材となると少し重たく感じる場合があります。無垢材のナチュラルテイストは素敵なんですが、リビングに普通にある家電やモダン系家具とのマッチングが難しい時があるんですよね。

ご紹介のテーブルはスクエアなデザインの中央部分を思い切ってガラス天板にすることで、上手にモダンテイストを取り入れています。天板下には棚が付いており、ガラスで上から透けて見えるようになっています。お洒落な雑誌や小物アイテムをきれいにディスプレイしたくなりますね。
ご紹介は700mmのスクエアタイプですが、900mmタイプもあります。どちらもコストパフォーマンス抜群でオススメです。
この商品の詳細は、「granata/グラナータ」さんの掲載ページにてご確認ください。

熊本栗100% 栗の木ガラステーブル(スクエア700mm)

 

-テーブル