インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



インダストリアルな香りが楽しめる本物のフロアランプ。フリッツハンセンの正規品からロングセラーブランドの逸品達。

最近大変な人気のアイアン系の家具達。主にスチール素材を使ってまるで工場の設備のような素材感とフォルムからインダストリアル系なんて呼ばれることもあります。インテラボでも何度もご紹介している人気のカテゴリーの家具ですが、フロアに直接置くタイプのフロアランプにもインダストリアル系のオシャレなランプが多数存在しています。
今回はフリッツハンセンの正規代理店でもあるBICASAさんの掲載商品より、ハンセンの正規品から、お手軽なオリジナルブランド系までインダストリアル系のフロアランプをご紹介します。

カイザー・イデルのフロアランプ

KAISER idell Floor Lamp 6580F

ドイツ人デザイナーのクリスチャン・デルが作り上げたカイザーイデルの美しい照明達。1930年代に発表されたテーブルランプがあまりにも有名ですが、フロアランプにもその優れた血統は受継がれています。
バウハウスでの経験から生れた磨き上げられたそのフォルムは、単なるインダストリアル系インテリアの枠を飛び越えてしまって、ミッドセンチュリーや北欧系の名作家具と組み合わせても、全く引けを取らない完成度を誇ります。これが80年前の作品だなんて想像もつきますか?シリアルナンバーも付いたフリッツハンセンの正規品です。値段もちょっと高いですが、コレクターズ心をくすぐる作品でもあります。
カラーは4色展開ですが、カラーによって在庫状況が異なるようで、納期が大幅に異なる場合があります。要確認です。

KAISER idell Floor Lamp 6580F

 

ロングセラーのフランスのJIELDE(ジェルデ)社製フロアランプ

LOOR LAMP JD1240 JIELDE

こちらのフロアランプも古い(笑)。1950年代の作です。カイザーイデルがデザイナーズ系だとするとジェルデのランプはモノホンのインダストリアル出身です。フランスの古い歴史を持つタフな作業用ランプそのものなんですね。ある意味アンティークと言ってもよいほどの歴史を持つランプですが、タフで使い勝手の良い実作業ランプとしても医療現場やクリエイター達を支えてきたわけです。ライトのシェード部分のワイヤーフレームが印象的ですが、ジョイント部分やスイッチのレトロでメカニカルな動きがたまりません。
今でもリヨンの工場で職人がハンドメイドで製作しているそうです。

LOOR LAMP JD1240 JIELDE

 

レトロアメリカンのDAZOR(デイザー)社の工業用フロアランプ

FLOOR LIGHT RP604 DAZOR

こちらはアメリカのDAZOR(デイザー)社製のフロアランプです。本物の作業用フロアランプで長い歴史を持つデイザー社の製品ですが、ある意味そのまんまでいきなりレトロな雰囲気が凄いですね。時間が止っているかのようなナチュラルレトロ感。実作業を想定してい作られていますから、そのタフさ、使い勝手の良さは保証済み。アイアン系やレトロアメリカン系にも合いそうな雰囲気があります。

いやー、どれもいいですね。実はBICASAさんには、他にもインダストリアル系のフロアランプがたくさん掲載されています。もっとお手頃な価格帯のランプもありますが、まずは正統派の本物志向ということでご紹介させて頂きました。気になるかたは是非チェックしてみてください。

FLOOR LIGHT RP604 DAZOR

 

-照明
-