インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



無垢天然板とスチール脚のイクスス ダイニングテーブル

2013/12/04

無垢 テーブル Ikususu(イクスス) 【ダイニングテーブル

無垢の天然板のダイニングテーブル。大変な人気です。取扱いやお手入れに若干注意が必要ですが、それ以上の魅力があるんですね。しかも今回ご紹介するテーブルは脚部がスチール製の超人気スタイルのダイニングテーブルです。
Ikususu/イクススという家具工房のテーブルです。岐阜に自社工場があり、職人達が「人と自然にやさしい家具づくり」をコンセプトに家具作りを続けています。ショールームが東京、岐阜、名古屋、倉敷にあります。

無垢板メインの国産家具が大変リーズナブル!

イクススの家具は無垢の木材をオイル仕上げにしたものがメインで使われています。使用されているアメリカ西海岸産のアルダー材等の木材達もしっかりとした森林保全の考え方を基本にしています。これだけのスペック、仕上がりの天然無垢板ダイニングテーブルがイクススならではのリーズナブルで販売されています。通常ですと10万円以上してもおかしくない無垢板テーブルです。

オイル仕上げの無垢板のお手入れは?

憧れの無垢板オイル仕上げですが、毎日ダイニングで使うとなると汚れやシミが気になる人はいると思います。
今回のイクスステーブルでは購入特典として専用の無垢材メンテナンスキット一式がもらえるようですが、このような専用メンテナンスキットを使って、定期的なメンテナンスはした方が良いと思います。
しかし、必要以上に神経質になる必要はありません。オイル仕上げの基本知識をしっかり理解し、最低限の注意をすることだけでほとんどの場合は問題ありません。オイルを定期的にメンテしていれば、水拭きも可能ですし食べこぼしも食後にすぐ拭けば跡も残りません。

そもそも無垢板のオイルフィニッシュに惹かれる方は木材の持つ自然な風合いに魅力を感じたはずです。年月が経つにつれて無垢の板は「風合い」「味わい」が出てきます。そこに愉しみを感じることが出来れば末永く使うことができるはずです。

天然無垢材を贅沢に使ったIkususu/イクスス製のダイニングテーブル

-ダイニングテーブル, 国産家具
-, ,