インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



究極にシンプルで丸みのあるフォルムがやさしい。ひのきベッド「ビビ」

【国産】桧すのこベッド「ビビ」

シンプルでコンパクトなベッドを探している方は、いろいろ探していくとヘッドボード無しの床板のみのベッドフレームに辿り着きます。
そりゃそうですよね。コンパクトなベッドがマットレスそのもののサイズになるのは当たり前のこと。一番コンパクトでシンプルなベッドになります。マットレス自体に脚が着いている廉価版のベッドもありますが、ベッドの善し悪しは最終的にはマットレスで決まりますので、そこは少しはこだわりたい所でもあります。フレームはコストパフォーマンス重視で選んで、残った予算をマットレスに回すというのも良い選択かとは思います。

今回ご紹介の桧ベッド「ビビ」は、典型的な床板スタイルの桧すのこベッドです。実はこのスタイルのベッドフレームは以外と競合が多くて人気があるんですね。基本的にはお一人住まいの方やプライベートルームでコンパクトなベッドが欲しいというニーズに拠るものです。また、お求め安い価格帯であること。センターで分割式の組立型になっていて女性お一人でも取り回しが楽な事などが挙げられると思います。

ワンパターンのすのこベッドにおしゃれな「丸み」をプラスしました。

2分割式のひのき材等の無垢材すのこベッドはいくつかのメーカーから出ていますが、判で押したようにワンパターンのフォルムをしています。桧ベッド「ビビ」は定番のひのき材を使っていますが、角に丸みを帯びたフォルムに特長があります。側面部分は普通は横板で囲う仕様が一般的ですが、大胆に横板を無くして床板のみのフォルムになっています。角を丸くしただけでなく、エッジ部分をやわらかい曲線で仕上げているので可能になったのだと思います。結果として構成部品が少なくなり組立が簡単になるだけでなく価格も抑えることが出来ているのでしょう。

ベッド脚の細かいオーダーが可能でベッド下の有効活用が可能

また、このベッドフレームの特長としてサイズオーダーが可能ということがあります。
シングル、セミダブル、ダブルのマットレスサイズ3種の他に、脚の高さが細かくオーダー出来るようになっています。通常は28cm(脚23cm)ですが、最高で45cm(脚40cm)まで伸ばすことが可能です。床板の側面に横板が無いのでベッドの下の空間を広く取れますので、この高さは魅力です。衣装ケースなどをたくさん置けますのでスペースの有効活用が可能です。仕上げも無塗装とオイル仕上げを選択可能。どちらも少しのオプション料金で追加できます。

桧ベッド「ビビ」の価格が高いと感じるか安いと感じるかは、人それぞれだとは思います。おそらく同じような価格で売っている見た目がゴージャスな合板製ベッドフレームとは存在からコンセプトまで全く対極にあるベッドフレームだと思います。これはお使いになられる方の考え方次第でしょうね。
販売元の「家具の基(もと)」さんでは、広島県府中の国内工場で作られている国産品を直販しています。直販なので細かいオーダー対応も可能なのでしょう。レビューの評価も大変高い人気商品です。気になる方は是非チェックを。

【国産】桧すのこベッド「ビビ」

 

-ベッド, 国産家具