インダストリアル家具 サイドテーブル

杉古材とアイアンのインダストリアルなボックス型サイドテーブル

HERITAGE CEDAR サイドテーブル

杉古材とアイアン部材をセンス良く組み合わせたボックスタイプのサイドテーブルです。杉の古材は建築現場などでよく使われている木材で、新しい家具の部材として風合いを程よく残しながら丁寧にワックス仕上げでリフィニッシュされています。杉古材の存在感に負けないよう、アイアン部材もなかなかの出来栄えで、格子状のアイアン製開き戸はインダストリアル好きには堪りませんね。

シリーズを組み合せるとオリジナルの収納シェルフが誕生

HERITAGE CEDAR キューブボックス

このボックスタイプのサイドテーブルはシリーズ化されており、同じボックスサイズで、格子扉はそのままで脚の無い「キューブボックス」と格子扉の無い「キューブボックス オープンタイプ」タイプがご用意されています。(※オープンタイプには片面と両面オープンが存在します。ご購入時にお間違えの無いように。)

HERITAGE CEDAR

これらをニーズに合わせて組み合せると、オリジナルの収納シェルフが誕生というわけです。一列だけで横に並べればリビングボードやテレビボードとして。縦に並べればブックシェルフや飾り棚としても使えます。イメージのように階段状に並べるとおてもオシャレですね。インダストリアル系で揃えているのなら、大変良くマッチすると思います。
まずは一台、サイドテーブルとしてソファ脇でお試しになり、気に入れば順次、シリーズを揃えていくというのも良いかもしれません。
「sanctum」さんで見つけました。

HERITAGE CEDAR サイドテーブル

HERITAGE CEDAR キューブボックス

-インダストリアル家具, サイドテーブル

Copyright© インテラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.