インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



隠し引き出し?が気が利いている!グリニッチのシンプルで小さな無垢材リビングテーブル

greeniche 収納付きのドロワーテーブル

リビングの真ん中、ソファの前に置くリビングテーブル。真ん中に置くからセンターテーブル、カフェをするからコーヒーテーブルなんて呼ばれ方もありますが、リビングという「寛ぎ空間」に鎮座するあの小ぶりなテーブルのことです。
一般的にリビングテーブルは、ソファやリビングボード類の引き立て役に徹して「悪目立ち」しない方が良いとされています。リビングのインテリアの方向性に合わせて、しっくりと馴染んでいる姿が好まれることが多いんです。ソファやテレビボードの影が薄くなるほどリビングテーブルが目立ったら変ですよね(笑)。実際の使われ方もカフェや読書などが静かな使い方が多く、落ち着いたシーンがよく似合います。

今回のご紹介は北欧系の無垢家具で人気のグリニッチさんのリビングテーブルです。
一見、何の特徴も無いように見える小さくて華奢なテーブルですが、リビングテーブルに何が求められているのか知り尽くしたグリニッチさんの力作なんです。

全てがさり気なく、極力シンプルに仕上げたグリニッチのオリジナルテーブル

greeniche 収納付きのドロワーテーブル

小さな引き出しがお洒落。(※イメージをお借りしました)

このリビングテーブル。グリニッチさんのオリジナルなんですね。天板は900×450mmとリビングテーブルとしての使い勝手が悪くならないギリギリのサイズになっています。脚がマッチ棒の様に細い。もちろん材料をけケチっているんじゃないですよ(笑)。意識的にギリギリまで絞ったデザインを採用しています。無垢材として強度はちゃんと保っているそうですが、グリニッチさんのこだわりを感じる部分です。もちろんオール無垢材のオイルフィニッシュ。オーク材とウォールナット材が選べます。
そして、このテーブルの最大の特徴である「引き出し(抽斗)」ですが、普通は天板の広い辺の方に着いているものですが、狭い方(側板)から出てくるんですね。幕板にすっぽり嵌まっていることもあり、一種の「隠し引き出し」みたいで、言わないと引き出しがある事に気がつかないかも。

シンプルなフォルムの中に「さり気ないこだわり」が込められたグリニッチのリビングテーブル。いかがでしょうか。シンプルで良質なテーブルをお探しなら、是非候補に入れてあげてください。
詳細は、グリニッチさんの正規ショップでご覧下さい。

greeniche 収納付きのドロワーテーブル

 

-テーブル
-,