インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



プラス500円でルンバ対応にしてくれる!足場板古材の国産テレビボード

OLD ASHIBA

足場板とは、実際の工事現場で使われていた足場用の板のことです。数年使った物を集めてリサイクル処理をしてもう一度家具として生まれ変わったものです。昨今の古材家具ブームの火付け役として注目をされている足場板ですが、屋外用木製品と杉足場板の販売やリースを手掛けるWOODPROさんからコストパフォーマンスの良いテレビボードが発売されています。

非常にシンプルなデザインでストレージ(収納力)に力点を置いたテレビボードとなっています。中央のオープンスペースには横長のAV機器を並べるような棚は付いていません。最近のテレビ廻りのAV機器の内蔵化と小型化を考えるとこの方が使い勝手が良いと思いました。

黒皮鉄(くろかわてつ)の取手が古材家具を引立てます。

黒皮鉄取手

圧倒的なコストパフォーマンスに驚きますが、これって組立家具じゃないんですね。本体は完成品で取手のみ取付けになっています。
実はこの取手が味わい深い(笑)。最近の古材家具のトレンドをしっかりと踏まえてハードな黒皮仕上げの取手が付いてきます。3種類のタイプからお好きな取手を選ぶ事ができます。(この取手は単品販売もあります。)

プラス500円でルンバ対応にしてくれます。

ルンバ対応

10センチ高でルンバ対応です。(イメージをお借りしています)

実はこのテレビボードで一番感心したのがこのルンバ対応です。
基本スタイルは床からの高さが8cmタイプですが、ルンバ(ロボット掃除機)対応として高さを10cmにしたタイプへ変更が可能です。ルンバが92mmなのでクリアですね。なんとプラス500円で対応となっています。すでにルンバを持っている方はもちろん、これから購入予定の方も10cmタイプを選んで置いた方がいいですよ。

そしてもうひとつ、基本スタイルでは引出しが左側が2杯で右側が大引出し1杯となっていますが、左右とも大引出しにすることも可能です。この場合はマイナス1,500円となります。ちょっとしたことですが、うれしい対応だと思います。
ご紹介のWOODPROさんですが、すべて広島県廿日市市の工場で生産されているそうです。この点もグッド。是非チェックを。

OLD ASHIBA(足場板古材)CタイプTVボード(引き出し付き)

【黒皮鉄シリーズ】取っ手 ハンドメイド平板タイプ Lサイズ

 

-テレビボード, 古材家具
-