インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



組立式家具の概念を超えた。まるで建築物のような美しさのジュニアサイドボード

ジュニア サイドボード

ミッドセンチュリーに活躍した巨匠デザイナー達が遺した名作デザイナーズ家具。
本当に素晴らしい作品ばかりです。中には1950年代から現代に至るまで作り続けられている「不朽の名作家具」もありますが、ほとんどの家具は時代の流れとともに少しずつ消えていく運命にあります。しかしトレンドというものは循環する法則があるようで、数十年後に見直されることが意外とあります。特に「家具」という商品は昔の名作家具を復刻して蘇らせることが多いんですね。これは家具の素晴らしい「文化」だと思います。
しかも骨董品的なとんでもない値段とかではなく、一般の人に手が届く価格帯で往年の名作家具を復刻してくれるとなると、本当にうれしくなってしまいます。

今回ご紹介のジュニア サイドボードは、アンジェロ・マンジャロッティというイタリアの著名な工業デザイナーが1966に発表した組立式家具を復刻したものです。組み立て式のデザイナーズ家具ってことになりますね。シンプルですが、斬新なフォルムが印象的な作品です。

板を交差させるだけで組み立てる建築家が作ったデザイナーズサイドボード

板を交差させるだけで、釘やネジを使わずに組み立てることができます(一部パネル固定に六角レンチを使用)。全てナチュラルカラーのプライウッド仕様で、イタリア人デザイナーですが非常に北欧的な匂いを感じます。
天板から飛び出た板部分が「仕切り」としても使えるので、本などを並べる時のブックエンド代わりになります。脚部分にも飛び出ており、こちらは北欧家具的な「腰高」のスタイルになっています。
トップから脚まで一枚の板が貫いた構造にすることで部材をシンプルすることができているようです。簡単に組立・分解が可能でお引越しの時に助かりそうです。価格もデザイナーズ家具の復刻版としてはお求め安くなっています。なかなか個性的な家具ですが、ビビッと来た人も少なからずいるはず(笑)。そんな人は是非チェックを。
詳細は、irakaさんの掲載ページをご覧ください。

Junior Side Boad/ジュニア サイドボード

 

-サイドボード, デザイナーズ家具