インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



品質とコストパフォーマンスのバランスが良い、esqのGE290リプロダクト「290ソファ」

GE290

ハンス・J・ウェグナーが生み出した北欧家具の代表的な名作ソファ「GE290」。
木製フレームにボックス型のソファクッションを乗せただけというシンプルな構造ですが、その座り心地の良さと、隙の無い完成度の高いフォルムは、今なおその魅力を失っていません。木製フレームの北欧系ソファの原点とも言うべき名作ソファと言えるでしょう。
今回は、そんなGE290のリプロダクト家具(ジェネリック)をご紹介いたします。
簡単に言うと、国内で意匠権が切れている名作家具の精巧なレプリカということになります。
では、本物とは何かというと、正規品を作る権利を持っているメーカーが現代の設備で作った「復刻品」であることが多いですね。50年以上の年月が経ってしまうと、当時のオリジナルの製造メーカーや整備は、既に無くなっていることが多いのです。こういう類いの「正規品」達の本物度はちょっと微妙なことが多いです。(もちろんGE290のことではありませんよ。)

GE290の正規品を作っているGETAMA社は長い歴史を持つメーカーで、1950年代から今までGE290を作り続けています。頭の「GE」はGETAMA社から取ったものなんですね。こちらの本物度は正真正銘です。
しかしながら、価格は安くはありません。3人掛けで60万円以上します。リプロダクトの5倍程度の価格差があり、これは一般庶民には辛い(笑)。確かに本物にこだわるマニアックな人にはそれだけの価値があるかもしれませんが、一般の方の中には、もっと気軽にGE290のコンセプトを楽しみたい場合があると思います。そういう方には、気軽に楽しめるリプロダクトをオススメしたいんですよね。

品質とコストパフォーマンスのバランスが良くクオリティも確かめられるesqのリプロダクト。

GE290

今回ご紹介のGE290リプロダクトですが、esqさんでは、リプロダクトであることを明示して「290ソファ」と呼んでいます。中国の専属生産工場にて、日本人スタッフの厳しい生産管理のもと、オリジナルのGE290に忠実なリプロダクト製品を製造しています。
材質については、ウォールナットとホワイトアッシュ材という2種類を用意しています。
GE290リプロダクト/ウォールナットは以前ご紹介したことがありますので、今回はホワイトアッシュをご紹介いたします。北欧系に良く合う明るいナチュラル系のホワイトアッシュ材を使ってコストパフォーマンス良好に仕上がっています。2人掛けと3人掛けをご紹介しますが、どちらもクオリティを考えると、大変お求め安くなっていると思います。
ご紹介のesqさんは東京目黒と大阪南堀江に実店舗を持っており、もしクオリティに不安があるなら、「290ソファ」のクオリティを実際に確かめることができます。

リプロダクトは原則、受注生産ですが、在庫があればすぐにゲットできるかも。

ところでリプロダクト家具はほとんどが海外生産です。その多くが受注生産でオーダーを受けてから海外工場で製造を始める場合が多いんですね。受注生産の場合、二ヶ月待ちなんてこともあるようです。
esqさんではある程度、在庫を持っているようですね。特にGE290のような人気ソファの場合は在庫がある可能性が高いと思います。もし希望のサイズ、張地の在庫があればすぐにゲット出来るわけですね。ご注文前にお問い合わせすることが出来るようです。
まずは、esqさんの掲載ページでご確認ください。

290ソファ 2人掛け ホワイトアッシュ

290ソファ 3人掛け ホワイトアッシュ

 

-ソファ, リプロダクト家具, 北欧家具