インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

アイデア次第でいろいろ使える。コの字型ネストテーブル ZERO

2014/09/21

ネストテーブル ZERO

ネストテーブルというのは、同じ形で大きさが違うテーブルを「入れ子」にして重ねて使うことができるようにしたテーブル(セット)のことです。必要な時に引出して別々のテーブルとして使い、重ねてひとつのテーブルとしても使えるネストテーブル。本来は英国アンティーク家具が大元と言われていますが、省スペースでアイデア次第でいろいろな使い方ができるので、ある意味大変日本向きのテーブルでもあります。
今回のネストテーブル ZEROはコの字型のシンプルなフォルムのが特徴です。サイズ的にはセンターテーブル向きですが、何か他の使い方が思いつきそうな楽しいテーブルだと思います。

コの字型でテーブル下がオープンになっているのがミソ

ネストテーブル ZEROの最大の特徴はコの字型でテーブル下がフルオープンなことです。
下が開いているので脚を入れるスペースが確保でき、ロータイプのPCデスクとして使うことができます。ネストの小さい方をキーボード用デスクやサイドデスクとして使うとより便利。天板下の空いたスペースは、サイドテーブルとしてソファ脇に置いた時もテーブル下に収納ボックスを入れて簡易ラックとしても使えそうです。
いろいろな使い方が楽しそうですが、一点だけご注意。コの字型を縦にする使い方は想定されていないようですね。サイドテーブルで人気の縦型のコの字テーブルとは別物とお考え下さい。
掲載ショップはarne/アーネさん。このネストテーブルはアーネオリジナルとなっています。

ネストテーブル ZERO

 

Ads

-テーブル
-