インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

日本人の感性に良くマッチする。座面が広いボタンステッチソファ

BacchusW3P-sofa

今回ご紹介のソファは、コストパフォーマンスの良いオリジナル家具で人気のarneさんのオリジナルソファ「Bacchus W/バッカスダブル」です。一見するとソファベッドのような広大な座面が印象的ですが、ソファベッドではありません。あくまでもソファ。座面奥行きが72cmと相当広いのが特徴となっています。今人気の北欧系ローソファタイプでボタンステッチがデザイン的なポイントになっていますね。脚元スペースには10cmの高さを確保。もちろんルンバ対応です。手堅い作りです。

日本人のソファのくつろぎ方は、地べたゴロゴロ寝が基本

インテラボでも何度がお話していますが、日本人っていうのは基本的に畳でくつろぐ民族なんですね(笑)。つまりソファや椅子に長時間座っていられません。すぐに足を抱えたり、あぐらをかいたり、ゴロゴロ寝転がったりします。そういうことを考えますと、今回ご紹介の「Bacchus W/バッカスダブル」ソファのような座面の奥行きがフラットで深めのタイプは、実は日本人に合っているのではないか、そんな気がしてしまいます。

クッションが2個付きがうれしい。使い勝手が広がります。

BacchusW3P-sofa

このソファにはクッションが2個付いてきます。おまけが付くのは大歓迎なんですが、座面の奥行きが深いこのソファの特徴を考えるとクッションの存在は非常に重要なんですね。広大な座面スペースを有効利用するために大活躍します。ゴロゴロ寝するときの枕替わりはもちろんのこと、奥行きの深い座面に座った時の背もたれとの距離をこのクッションで調整できるわけです。

さすがarneさんです。例によって多彩なバリエーションがご用意されており、サイズは3人、2人、1.5人掛けと3タイプ(張地によってバリエーションが違います)。張地もご紹介のデニムタイプからファブリック系、モケット系、合成皮革と大変充実しています。それぞれの張地のカラーも豊富なので結構な数の組み合わせになります。
いかがでしょうか。コストパフォーマンスもなかなか良好ですし、オススメしたいですね。このソファの詳細はご紹介のarneさんの掲載ページにてご確認ください。

BacchusW3P デニム

BacchusW3P NS

 

Ads

-ソファ