インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



ウォールナットとオーク無垢材のツートンカラーが印象的なお手頃ダイニングセット

ダイニング5点セット[ウォーク]

ダイニングセットとはダイニングテーブルとダイニングチェアがセットになっているものを差します。
ダイニング5点セットはダイニングテーブル1台とチェアが4脚のセットで、7点セットはチェアが6脚になります。もちろんそれぞれのチェアの数に応じてダイニングテーブルのサイズが変わっていきます。一部の高級無垢材ダイニングテーブルでは単体で購入ってことも珍しくはないんですが、一般的にはダイニングセットで購入しておいた方が安心です。なぜでしょうか?

ダイニングテーブルとダイニングチェアは微妙な相性が存在します。
テーブルとチェアを適当に別々に揃えても、もしかしたらうまく行くかもしれませんが、そうでなかった時はシャレになりません(笑)。チェア4脚とか揃えちゃってどうすんのこれ状態です。あとの祭りってヤツです。
よくあるのが、テーブル天板の高さとチェア座面の高さのマッチングの問題。幕板が大きいタイプのテーブルも注意が必要です。ひざ上の隙間がほとんど無くなってしまって、脚も組めないなんてこともあるんですよ。
もちろん、デザインや色柄のコーディネートも大切。同じナチュラルだと思って別々に揃えたら微妙に色合いが異なっていたり、気になり出したらキリがありません。自信のない方は無理せずにダイニングセットで揃えましょう。

オール無垢材が気軽に楽しめる注目のダイニングセット「ウォーク」

ダイニング7点セット[ウォーク]

今回ご紹介のダイニングセットは木製部分は全てウォールナットとオークの無垢材が使われています。
どちらも大変人気のある無垢材。特にウォールナット無垢材は高級材として特に注目されています。ダイニングテーブルですが、ウォールナット無垢材を天板のみに使い、本体脚と幕板をオーク材で仕上げています。ツートンカラーの印象的なフォルムと良好なコストパフォーマンスを実現したよく考えられたデザインだと思います。

面白のはダイニングチェア、オークチェアとウォールナットチェアの2種類が用意されているところ。
ここで最初にお話したテーブルとチェアのマッチングのお話が再登場します(笑)。ツートンカラーで仕上げられたダイニングテーブルはオーク、ウォールナットどちらのチェアを選んでもピッタリとマッチングするようにデザインされているんですね。
オークチェアを選べばテーブル脚部分との一体感を感じ、ウォールナットチェアを選べばテーブル天板との一体感を感じるわけです。同じセットとは思えないくらい雰囲気が変わりますね。ちょっと面白いですね。

ダイニング5点セット[ウォーク]

チェアが変わると別のダイニングセットに見えます。(※イメージをお借りしています)

あと、チェアはオークとウォールナットではお値段が少し違います。やはりウォールナットの方がちょっとお高いようです。これは致し方ないですね。5点セットと7点セットをご用意。どちらも驚異的なコストパフォーマンスです。
BeauVieさんで見つけました。

ダイニング5点セット[ウォーク] (135cm幅/4人掛け用)

ダイニング7点セット[ウォーク] (170cm幅/6人掛け用)

 

-ダイニングセット
-