インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



イームズシェルチェアとよく似合う。ホワイトスチール脚のお得な北欧系ダイニングテーブル

2014/06/15

ダイニングテーブル

スチール系テーブルは今ちょっと「旬」になっていて、古材家具をはじめとして、インダストリアル系やエイジング(アンティーク仕上げ)系なども加わり、大きなムーブメントになっています。そこには様々なグレード、コンセプトのテーブルが存在します。銘木系一枚板天板と特注スチール脚を組み合わせたハイグレードなテーブルから、集成無垢材天板とスチール脚のミドルグレード、そして今回ご紹介のコストパフォーマンスを重視したテーブルと、ほぼ全てのグレードでアイアン系テーブルを楽しむことが出来ます。スチール系家具好きには楽しい時代になりました。

ナチュラルカラーの天板とホワイトのスチール脚が印象的な「Tendress/テンドレス」が今回ご紹介のダイニングテーブルです。ホワイトカラーのスチール脚とナチュラル系の天板が、やさしい雰囲気を醸し出していて最大の魅力になっています。
いつもながら、掲載のエアリゾームさんは写真が良いです。このイメージを見てしまうとイームズの白いシェルチェアと合わすしか考えられなくなります。それ位イメージが嵌まった感じです。

ダイニングテーブル

ちょっと脱線、商品写真のこと。

インテラボではインテリア通販ショップの家具をご紹介していますが、写真の出来不出来の差に驚くことが結構あります。
おそらく自社撮りしているのでしょうが、同じ商品がショップによってビックリする位違って見えるんです。色かぶりしていたり、構図が悪かったり、バックが全部同じとか(笑)。一番気になるのは水平が出てない写真。ほんの数度でも曲がっている写真は見る人を無意識のうちに不安にさせます。テーブルで天板が曲がっていたり、チェアで両アームの位置が水平でなかったり…、これは問題外!ダメですよ。
写真を変えれば売り上げ2〜3割アップするんじゃないかって思うショップもありますね。ほんとに余計なお世話なんですが…。

「Tendress/テンドレス」が圧倒的コストパフォーマンスのわけ

ダイニングテーブル

スチール脚の間には、天板下部分を有効活用できる棚が接続されています。実用面で大変便利なことはもちろんですが、テーブル全体の強度を出す為の「幕板」の代わりにもなっています。フレーム自体は簡単な組立式になっていて、コストパフォーマンスに貢献しているのでしょうね。同じような形状を木製で再現しようとするととてもこの金額では納まりません。

ダイニングテーブル

このテーブルの天板には、パーティクルボード(メラミン紙貼り)の天板が使われています。俗に言う「メラミン化粧板」ってやつですね。非常にコストパフォーマンスの高い材質ですが、安いだけじゃなくて、一般的なプリント化粧板より耐久性も高いと言われています。メラミン紙の木目デザインも小さな木片を繋いだようなイメージ柄を採用。つまり汚れやキズに強くておしゃれな天板素材ってことです。

この手のコストパフォーマンス重視のテーブルって、一歩間違えると文字通りの「安物テーブル」になってしまいます。パフォーマンスの良い素材を集めて、いかにトレンドを捉えて「カッコ良い」家具を造り出せるかが商品開発のキモなんだと思います。
エアリゾームさんでじっくりご覧ください。

ダイニングテーブル Tendress〔テンドレス〕 120cm

 

-アイアン家具, ダイニングテーブル, 北欧家具