インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



これがサイドテーブル?シンプルな発想でリビングテーブルとしても使える「SHERRY/シェリー」サイドテーブル

SHERRY(シェリー)サイドテーブル

今回のご紹介は、国内有数の家具産地、北海道旭川(旭川家具)にある宮田産業さんのサイドテーブル「SHERRY/シェリー」です。60年以上の歴史を持つソファ専門の老舗家具メーカーです。
ラインナップの中に数点テーブルがありますが、全てサイドテーブルです。あくまでもソファとの関係性の中でテーブルを作っているんですね。ソファ専門メーカーの宮田家具さんらしいです。
今回のテーブルもサイドテーブルなんですが、天板が800×800mmあります。ほとんどリビングテーブルといってよい大きさです。なぜサイドテーブルと呼んでいるのでしょうか。

ソファメーカーがソファに合わせて作った大型サイドテーブル「SHERRY/シェリー」

ソファの専門メーカーである宮田産業さんが作ったサイドテーブルが「SHERRY/シェリー」です。
ソファメーカーらしく、あくまでもソファと組み合わせて使うことを考えて作られています。天板高を440mmに設定し、ほとんどのソファの座面より少し高い位置になるようにしています。(お買い求めの場合は、お使いのソファの座面高を確認してください。)
800×800mmの僅かな曲線を持つ正方形の天板を、1本の支柱で支えるスタイルを採用することで、天板をソファの座面の上まで引寄せることができます。
コの字型サイドテーブルに良くある仕様ですが、800×800サイズのテーブルでは珍しいと思います。サイズが大きいですが、あくまでもサイドテーブルとして作られているんですね。

北海道旭川家具といえばナラ材ですね。

この「SHERRY/シェリー」サイドテーブルですが、やはりというか、ナラ材で作られています。旭川家具の定番ですね。無垢材テーブルの1本脚仕様は、家具メーカーの技術の見せ所でもあります。さすが宮田産業さん、裏側もナラ材の風合いをしっかり生かした美しい仕上がりになっています。ナチュラルとブラウンの2色が用意されています。
サイドテーブルでありながら、リビングのメインテーブルとして使うことも出来る「SHERRY/シェリー」。大変しっかりとした造りの良いテーブルなので、カフェや読書はもちろん、ちょっとしたPC作業や、食事も普通に出来てしまいます。見た目以上に実用的な「多目的リビングテーブル」と言ってもよいかもしれません。
ご紹介は旭川家具のMUKU工房さんからになります。良かったらチェックしてみて下さい。

SHERRY(シェリー)サイドテーブル

 

-サイドボード, 旭川家具
-