インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



「馬の脚」という名前のテーブル脚のセット

sawhorse_03

「馬の脚」という何ともストレートなネーミングのテーブル脚です。2つで1セットとなっています。ただし、このセットには天板はありません。イメージのガラス板は別途にご用意して頂く必要があります。脚だけの販売なんです。
なんとも突き放されたような気がしてきますが、よくよく見てみると魅力的な作品であることがわかります。

素材へのこだわりが感じられる商品展開。

東京多摩出身のデザイナーYuichi Takeuchi氏による「脚の馬」ですが、地元の多摩産杉材を使って作られています。仕上げにもこだわりが感じられる2種類の組み合わせをご用意。基本は【本体】植物性オイル仕上げ×【金具】ステンレス金具の組み合わせですが、よりナチュラル感を増した【本体】蜜蝋仕上げ×【金具】油焼き加工もあります。油焼きというのは廃油に焼いた鉄を漬け込んだ一種の焼付加工のことでヴィンテージ感たっぷりの仕上がりになります。
止まっている時の「静止」モデルと歩いている時の「歩行」モデルがあり、それぞれのセットか、両方が1つずつになっているセットかを選ぶことができます。つまり仕上がりで2種類、形状で3セットあり、計6パターンの中からお選びいただけるわけです。

Saw Horse

天板は別に用意する必要があります。説明の為にイメージをお借りしました。

強化ガラス天板はガラス屋さんで注文すると安く手に入ります。

こだわりがあって、人と違うテーブルが欲しい人は結構いるものです。
特にガラステーブルって個性的なテーブルを探している人が多く、この「馬の脚」は結構面白いチョイスかもしれません。
ガラス天板を別に用意しなければなりませんが、お近くのガラス屋さんやネットのガラスショップさんにご相談してみてはどうでしょう?
10mm程度の強化ガラスが良いと思いますが、一般的なダイニングテーブルサイズなら「馬の脚」と合わせても10万円以下の予算でなんとかなるのではないでしょうか?
人と違う個性的なガラステーブルをお探しならチェックしてみては?

Saw Horse (ソー・ホース) / 馬の脚 Halt&Trot(静止&歩行) セット

 

-ガラステーブル
-