インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



白く美しいホワイトアッシュ無垢材のHUGダイニングテーブル

2014/03/30

hug ダイニングテーブル

今回ご紹介のHUGダイニングテーブルは、ホワイトアッシュという白みがかった無垢材を使った美しいテーブルです。
アッシュ材自体は家具や楽器の素材として良く使われている素材です。広義でタモ材も含まれる事が多いですね。ホワイトアッシュの「ホワイト」はもちろん純白ということではなくて白っぽい木肌ということです。白さを感じさせながら、木目や木の質感を楽しめる落ち着いた風合いに仕上がっています。
HUGテーブルは、北海道有数の家具産地「旭川家具」の中でもそのデザイン・品質の高さに定評のあるメーベルトーコーの作品です。国際的なデザインコンペやグッドデザイン賞などの受賞経験をもつ優れた工房として有名です。

ホワイトアッシュとウォールナットの美しいコントラスト

このテーブルの天板は全て無垢材ですが、7枚の無垢板を繋いで作っています。センターがウォールナットで左右3枚ずつがホワイトアッシュとなります。接続はフィンガージョイントという工法で、指と指を組み合わせたような形で強固に繋がっています。7枚剥ぎにすることで、見た目だけでなくコストパフォーマンスも良くなっているのもうれしいですよね。

中央部分だけ色合いが異なるウォールナット無垢材が使われていて美しいコントラストが楽しめるわけですが、センター部分のみというところが「ミソ」なんですね。
テーブルの中央部分に敷く細長いテーブルクロスのことを「テーブルランナー」または「テーブルセンター」と言います。これは実用というよりはどちらかというと装飾的な意味合いが強いテーブルクロスなんですね。お客様を迎える時なんかに、ちょっとオシャレしてテーブルランナーを敷いたりすると雰囲気が随分と変わったりします。でも普段は、こんな面倒くさいことはなかなか出来ません。お子様がいるご家庭なら尚更です。

今回のHUGテーブルではこのテーブルランナーのようなラインがウォールナット無垢材で最初から入っているわけです。これはオシャレですね。HUGシリーズにはこのテーブルに合わせてダイニングチェアが用意されています。もうこれ以外には考えられない思えるほどの仕上がりです。
詳しくはMUKU工房さんのご紹介ページをご覧下さい。

メーベルトーコー hug ダイニングテーブル

 

-ダイニングテーブル, 旭川家具
-