インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



お使いのソファでダイニング!超ローダイニングカフェテーブルが作れるアイアン脚セット

無塗装 黒皮仕様 カフェテーブル脚/55cm

ダイニングセットとリビングテーブル+ソファを合体・融合して兼用セットにしてしまおうというのが、ソファダイニング(リビングダイニング)セットです。
一般的なダイニングテーブルの高さ(70cm)より、若干低めの65cm程度の専用テーブルと、比較的固めのフラットな座面の専用ソファを組み合わせた物が一般的です。多くの家具メーカーから、ソファダイニング用のテーブルとソファが発売されています。もちろんそれらのテーブル・ソファを別々にコーディネートして、あなただけのソファダイニングを実現しることも可能です。

今回のご紹介は、テーブル用のアイアン脚です。脚だけです(笑)。テーブル天板は付いていません。ご自身で用意していただく必要があります。面白いのはこの脚の高さ。55cmです。つまり「55cm+天板の厚さ」が、このテーブルの高さになります。おそらく60cm以下になるでしょう。
「あれ?さっきのソファダイニング用テーブルって65cmが基準じゃなかったっけ?」
そう、5cm以上低くなりますが、この高さにすることで一般的なソファでカフェから食事まで出来る「ローダイニングテーブル」を作ることができるかもしれないのです。

65cmから60cmへ。ローダイニングテーブルのススメ

無塗装 黒皮仕様 カフェテーブル脚/55cm

お使いのソファでおしゃれなソファダイニングが出来るかも
(※イメージをお借りしています。)

一昔前は、一般的な70cm前後のダイニングテーブルしかありませんでしたが、ソファダイニングのブームで65cmのダイニングテーブルが増えてきました。選択肢が増えたことで、メーカーを越えて様々な組合せでソファダイニングが楽しめるようになってきたわけですが、最近は、より低めの60cm前後のローセッティングのテーブルが注目を集めています。この高さにすることで、より多くのソファでソファダイニングに対応できるようになるわけです。誤解を恐れずに言うと「普通のソファでダイニングが出来る」かもしれないということです。(どんなソファでも対応できるという訳ではありません。)
実際に60cm高のテーブルの前に座ると、その低さを実感しますが、座高40cm程度の一般的なソファならダイニングテーブルとして使っても、違和感をあまり感じません。ただ、お使いのソファの座面が柔らか過ぎたり、後ろに傾斜しているタイプだと落ち込み過ぎたり、後ろに重心が掛かってしまって、食事には向いていないかもしれませんね。

ちょっと、よけいなお話が長くなりました。(すいません)
今回ご紹介のアイアン製のテーブル脚ですが、インテラボでも何度もご紹介しているアイアン系家具の人気ショップ「square plus」さんの製品です。カフェテーブル脚として販売されているものですが、この絶妙な高さ設定でトレンドのソファダイニングテーブルとして使用することも可能です。
1本のアイアン脚の接合部分にはL字型の大きなプレートと、8ヶ所ものビス止め穴が付けられており、しっかりと固定できるようになっています。一枚板から剥ぎ材、足場板など様々な天板材を使って、DIYに腕に覚えのある方なら挑戦されてみてはいかがでしょうか。もし天板材が手元にご用意できているなら、ハイコストパフォーマンスで、人気のアイアンテーブルがすぐにでも完成できるわけです。
この商品の詳細は、「square plus」さんの掲載ページでご確認ください。

無塗装 黒皮仕様 カフェテーブル脚/55cm

 

-アイアン家具
-