インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

美しいオールの様なファンが魅力!優れた省エネ性能のLEDシーリングファン「FRANZ/フランツ」

FRANZ:フランツ リモコン式LEDシーリングファン

透明感のある美しいファンが印象的なシーリングファン「FRANZ/フランツ」をご紹介します。
2カラー対応となっていて、ホワイトのボディに鮮やかなグリーンのファンという組み合わせと、対照的にブラックボディにブラウンのファンというシックなカラーの2種類が用意されています。やはり気になるのは「ホワイト×グリーン」モデルですね。こういうはっきりとしたカラーをファンに持ってくるのは好き嫌いが出そうです。こういうプラスチック的な素材を使うと一歩間違うと「オモチャチック」になってしまうことがあるんですよね。
「FRANZ/フランツ」は、「北欧モダンデザイン」と謳うだけあって、シンプルですがクオリティの高い仕上がりになっています。透明感のあるファンの素材が「軽快さ」と「エコ感」を表現していて、シーリングファンの本来の目的ともマッチしていると感じました。

最新のLEDを搭載した無理のないシーリングファンとしてのバランスが秀逸

FRANZ:フランツ リモコン式LEDシーリングファン

この「FRANZ/フランツ」シーリングファンには、最新のLEDが搭載されていて、調光、調色機能が備わっています。もちろんファン部分にも回転速度と回転方向の変更が可能で、全て付属のリモコンで操作することができます。
多機能な印象ですがLEDということもあり大変省電力になっていて、ファン動作も含めて最大出力で22Wなんだそうです。結構エコなシーリングファンです。その代わりと言ってはなんですが、LED照明としては六畳程度までを想定しているそうです。
つまりリビング全体をこれ一つで照らすことは想定していないということ。最近の一続きのリビングダイニングは十数畳以上あるのが普通なので、一つの照明でカバーすることはあまりなく、複数の照明や間接照明を使うことが多いのではないでしょうか。

そういう実情を考えるとむしろ、無理をしないで必要十分な性能に絞っていて扱いやすい印象があります。ただでさえ、日本の住環境は欧米と比べると貧弱です。広さはもちろん、天井高も低めになりがち。憧れのシーリングファンを付けたのはいいけれど、あんまりにゴッツイのにしてしまって、頭上に存在感がありすぎのも圧迫感を感じてしまいます。
「FRANZ/フランツ」シーリングファンはシンプルで軽快なフォルムをしており、頭上の圧迫感を感じないですみそうです。
ご紹介は、インテリア照明の専門ショップ「Mark Doyle」さんになります。商品ページでじっくりとご覧ください。

FRANZ:フランツ リモコン式LEDシーリングファン/ホワイト(ホワイト×グリーン)

FRANZ:フランツ リモコン式LEDシーリングファン/ブラック(ブラック×ブラウン)

 

Ads

-照明