テレワーク デスク

片手で簡単に昇降できる。デスクの上に乗せるスタンディングデスク

FlexiSpot スタンディングデスク

スタンディングデスクとは、言葉の通り、立った状態で使うデスクのことです。本来は座って作業するはずのデスクをなぜわざわざ立ってする必要があるのか。これは長時間のデスクワークを体験している人なら少なからずある現象を軽減するためなんですね。腰痛や首痛などの症状を軽減するために、意識的に一定時間、立って作業を続けるわけです。立つことにより背筋が伸び、腰回りの負担が軽減されますし気分転換にもなります。
本来なら「休めばいいじゃん」って言われそうですが、そんな時間が無い場合にこの手のスタンディングデスクが登場するわけです。よくあるタイプはデスク単体で天板が昇降するタイプですが、この場合はデスクそのものを置き換えないといけません。これは結構大変です。

デスクの上で使うスタンディングデスクという発想がおもしろい

そこで登場したのが今回ご紹介のデスクオンタイプ。デスクの上に乗せるタイプのスタンディングデスクです。リストアップデスクとも言ってますね。なかなか面白い発想です。サイズは普通のデスクよりふた回りほど小さく作業するパソコンやキーボードがちょうど乗るサイズとなっています。高さも15〜50cmとデスクの上に乗せた状態でスタンディングできるように作られています。
普段は下げた状態で普通に椅子に座って作業し、ここぞと言う時にスタンディング状態にします。大掛かりなデスクの交換も必要なく簡単にスタンディング環境が手に入るわけです。

ローテーブルとして単独使用も可能。リビングに移動してテレワークも。

ちょっとイレギュラーな使い方かもしれませんが、50cmと高さはちょうどローテーブルと同じくらいの高さ。リビングに持ってきて小ぶりな作業デスクとして単独使用も可能です。こちらも面白い使い方ですね。
気軽にスタンディング環境を追加できる「FlexiSpot スタンディングデスク」のご紹介でした。掲載ショップは「FlexiSpot」さんとなります。

FlexiSpot スタンディングデスク

-テレワーク, デスク

© 2020 インテラボ Powered by STINGER