インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



コンパクトなスペースを活かす。背もたれと肘掛が一体化したEDA/エダ ソファ

EDA/エダ ソファ

新作ソファのEDA/エダ ソファをご紹介します。
ご紹介は2Pサイズですが、比較的コンパクトなサイズになると思いますが、決して「小さい」わけではありません。ワイドは150cmあります。120台の小さな2Pソファなんかと比べると、十分な使い勝手のあるサイズだと思います。
それでもイメージを見ると非常にコンパクトに見えます。理由としてはロータイプのソファであることと、背もたれと肘掛がほとんど同じ大きさで「ぐるり」と繋がっていてることが、よりコンパクトに見える理由のひとつかもしれません。2.5Pサイズもありますが、こちらは165cm幅で見た目のコンパクト感、ロータイプ故の圧迫感の少なさは同じです。

背もたれと肘掛の一体化がもたらす「三方向にくつろげる」ソファ

EDA/エダ ソファ

背もたれと肘掛アーム部分が段差なく繋がっています。ほんの少しだけ肘掛部分に傾斜が付いていますが、ロータイプデザインということもあり、全ての面を「背もたれ」としても「肘掛」としても使うことができます。つまり後ろだけでなく左右の向きでも背もたれがあるってことですね。

ご紹介のイメージでは、ゆったりとしたお部屋に置かれていますが、こういうソファが必要なシーンは、限られたスペースを有効利用したい場合ではないでしょうか。お部屋にゆとりがあるなら、単純にもっと大きなソファを買うはずです。おそらく左右はもっとスペースに余裕が無い場合か、もしくはギリギリのスペースしか取れない場合です。こんな時にこそ、この「三方向にくつろげる」EDA/エダ ソファが活きてくるのでは?私の勝手な印象ですが、そんな気がします。

合成皮革/PVCとファブリックでツートンカラーが楽しめる個性的なソファでもあります。

このEDA/エダ ソファのもう一つの特徴は背もたれ+肘掛部分と座面部分の素材を変えることができることです。もちろん、同じ素材+カラーで揃えることもできますが、背もたれ+肘掛を合成皮革/PVCに変更することが可能です。カラーの組み合わせも合計で12種類ご用意されています。加えて木製脚も2カラーから選択できます。個性的な組み合わせを楽しんでみてください。
ちなみに、このEDA/エダ ソファ、デザイナーの清水慶太氏の作品で日本国内で受注生産という、しっかりとした素性のソファです。内部のクッション素材にも気をつかって製作されており、内容を考えるとコストパフォーマンスはなかなか良いのではと思います。
ご紹介は、J.PULSEさんとなります。このソファの詳細は掲載ページでご確認ください。

2人掛けソファ EDA(エダ)

2.5人掛けソファ EDA(エダ)

 

-ソファ