インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介



カウンターテーブルとしても使える最大240cmの万能「リビング(ダイニング)デスク」

デスクとしても使えるカウンターテーブル

今回のご紹介はリビングに置くために作られたデスク「リビングデスク」です。
なんでデスクの前に「リビング」なんて付ける必要があるのか不思議に思われるかもしれません。デスクはデスクであって、どこに置こうが人の勝手ですよね。
ところが、最近の家具はどんどん細分化が進んでいて「誰が」「どこで」「どんな風に」使うのか細かいニーズに合わせるようになっているんです。
デスクも同じで、お子様が子供部屋で使う勉強用デスクと、ご主人が書斎で使うデスクが同じ物では困るように、リビングに置くデスクもリビングというシーンに合わせたデザイン性と機能性が求められるようになり「リビングデスク」という新しいカテゴリのデスクが誕生したわけです。
今回のご紹介のデスクも「リビングデスク」なんですが、より活動範囲を広げてカウンターとしても使える「リビング(ダイニング)デスク」とでも言えそうなデスクです。

リビング学習はもちろん、カウンター用途にも対応する「リビング(ダイニング)デスク」

実は、今回ご紹介のデスクは、どちらかというとカウンターテーブルとしての使用を前提としており、ワイド120、180、240cmと3サイズをラインナップしてワイドサイズのカウンターに合わせられるようになっています。リビングというよりダイニング寄りのデスクなんですね。
しかし、よく考えてみると現在の住居環境は「リビングダイニング」形式でシームレスに繋がっていることが多く、ダイニングよりのカウンター(あるいはデスク)はそのままリビングのデスクにもなり得るわけです。
カウンターテーブルでもありリビングデスクでもあるその場所は、そのままお子様との「リビング学習」の場所でもあります。非常に省スペースで気の利いたご提案だと思いますね。
ご紹介ショップは「暮らしのデザイン」さんになります。商品の詳細は掲載ページにてご確認ください。

デスクとしても使えるカウンターテーブル 幅240×奥行60cm

 

-テーブル, デスク