インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。



センターテーブル、ローテーブル。いろいろあるけど。いろいろ悩む。

2017/05/02

 センターテーブルのイメージ

センターテーブル。ローテーブル、コーヒーテーブルって言ったりもしますね。
基本的にリビングに置く、ちっちゃなテーブル。ソファに座って使うのが基本。素材や価格もピンキリ。こだわりも人それぞれですし、外野がなんだかんだ言ってもしょうが無いのかもしれませんが、ちょっとだけ。

定番中の定番、センターテーブルといえば、ガラステーブル。

センターテーブルの使用場所、目的を考えるとガラス素材はたいへんマッチします。適度な透明感は視界を遮りませんし、圧迫感を少なくします。ダイニングテーブルの場合は躊躇した素材であっても、センターテーブルの大きさなら抵抗感なく選択できるのではないでしょうか?

世界で最も有名なガラステーブル「イサム・ノグチ」のコーヒーテーブル
あまりにも有名で説明不要。ガラス天板の曲線美と脚部の造形が特徴的で優美でありながら、大変丈夫にできています。ご紹介するのは手頃な価格設定のリプロダクト品。

 

人気のマスターウォールからガラスと天然無垢材の組み合わせが印象的なUNISON コレクションテーブル
27センチと大変低いテーブルです。ガラスケースの様な外観と驚くほどスムーズな開閉ができる引出しが付いていて、好きなものを中にコレクションできます。マスターウォールの卓越した技術力を実感できるテーブルです。

ユニゾン コレクションテーブル

 

最後に定番リプロダクトをもうひとつ。名作と言われるバルセロナテーブル。極限までシンプルでモダン。ひたすら名作。本物は本体はスチールでしたが、これはステンレス仕様になっていて、ガラスも15ミリの強化ガラスです。作りの良いリプロダクトが大変お求めやすい価格帯になっています。

バルセロナテーブル

バルセロナテーブル

 

アジアンテイストのセンターテーブルも見逃せません。

さて、アジアン家具で揃えているお部屋にはやはりそのエッセンスを引き継ぐローテーブルが欲しくなります。ウォーターヒヤシンスやラタンを天然木とうまく組み合わせたテーブルが人気です。大変個性的なテーブルを見かけることがあります。

タイ王室でも認められたyothakaのチノラウンドカフェテーブル。天板がそのまんまヒヤシンスでやんす!ある意味アジアン好きなら究極のセンターテーブルと言えるでしょう。このヨタカというブランド。大変有名なようです。ぜひチェックを。

チノ ラウンド カフェテーブル

こちらもかわいいダエルコットテーブル。ウォーターヒヤシンスのボディにガラステーブル。大変お手頃な価格となっています。真ん中に小物も入るようです。面白い。

 ダエルコット テーブル

とにかく個性的なセンターテーブルがいいって方に。

とにかく、個性的で変わったテーブルが欲しい人。これは青天井になっちゃいますよね。まあ、私でも買えそうなところで選んでみました。

これは…使うシーンがよくわかりませんが、これは通常のセンターテーブルとして使えるのでしょうか?このイメージに引きづられます(笑)。25センチなので意外と小さそう。TU-30 ラウンド ローテーブル

TU-30 ラウンドテーブル

ネストテーブルってご存知ですか?大小のテーブルを組み合わせて使うことでいろいろな変化を楽しめます。ちょっとずつ重ねて置くとかわいいんですよ。もちろん別々に使うこともできます。ネストテーブル/ECLIPSE

ECLIPSE / エクリプス

これも個性的なベルギーワッフルのようなフレームが存在感たっぷりのisola /イソラ クリアガラス テーブル。意外とモダン意外にもいろいろなシーンに合うかも。

イソラ クリアガラス テーブル

まるで、UFOみたいなアルミとステンレスのテーブル。アリエン テーブル。この仕上がりを見て下さい。ちょっとお高いですが、しょうがない。真ん中に窪みがあり、そこの氷を入れてワインクーラーとして使用できるそうです。水をいれてお花を飾るのもあり?

 アリエン テーブル

光るセンターテーブル?美しいライティングがたまらない。PERVIO / ぺルビオ ライティング ローテーブル。生ガラスのテーブルの中に間接照明が仕込んであるそうです。生ガラスのため、耐荷重は弱く取り扱いには注意が必要だそうです。これはほとんど観賞用ですかね。

ぺルビオ ライティング ローテーブル

昇降式テーブルもローテーブルになりうる。

OZZIO/オッジオなんか、有名ですね。このクラスになると作りも良いです。
ダイニングテーブルとしてもバッチリです。同等の機能の廉価版テーブルも多数発売されています

まだまだ、おすすめのセンターテーブルいっぱいあるんですけど、
今日はこの辺で(汗。

© Luc Viatour

-テーブル
-,