インテラボ

北欧家具や世界のインテリア、デザイナーズ家具、リプロダクト家具をご紹介しています。

ヴィンテージの香り漂うオーク材と真鍮のコートハンガー

BROOKS COAT HANGER(ブルックスコートハンガー)

今回ご紹介の雰囲気たっぷりのコートハンガー。ACME Furniture/アクメファニチャーというブランドの製品です。
1950年代から続くアメリカンヴィンテージの世界観を大切にしているブランドで、当時の家具のフォルムやテイストをヴィンテージ加工等を駆使して再現しながら、現代にマッチする家具を発信しています。

家具インテリア好きなら1950年頃というと、ミッドセンチュリーを思い浮かべるかもしれません。第二次大戦が終わって大量生産時代の幕開けに生れたモダンで未来的な家具達のことです。同じアメリカで起ったムーブメントなんですが北欧系のデザイナー達も多数活躍しており、広義ではミッドセンチュリーの一部と考えても良いかもしれません。本当にこの時代の家具は素晴らしい物が多く、今もたくさんの人達を魅了しています。

ACME Furniture/アクメファニチャーのラインナップを眺めてみると、この時代の「美味しい」ところを持っていってる印象があります。アイアン素材を巧みに使ったインダストリアルな風合いと、アメリカンヴィンテージと北欧系を上手くミックスしたフォルムと仕上げ。当時のムーブメントのいいとこ取りをしたようなある意味「コテコテ」仕様なんですけどね。
でも、好きな人にとってはたまらない世界なんですよ。

買ったその日から、昔からあったような存在感が愉しめる。

本体はオーク材の非常にシンプルな造り。そのフォルムは実際のヴィンテージのコートハンガーを参考にして作られています。そして、真鍮製のフック金具は時代を感じさせるヴィンテージ加工が施されています。
なるほど、この深みのある色合いといい味のあるフォルムといい、相当作り込まれた世界観が感じられます。普段使いで本当に何年も何十年も使い込んでほしいコートハンガーだと思います。
ちょっと思ったのは、おしゃれな雑貨屋さんで、こ洒落たフック金具を見つけて自分で付けちゃうのも面白いかも。あなたのセンス次第ですが…。
BICASAさんで見つけました。

BROOKS COAT HANGER(ブルックスコートハンガー)

 

Ads

-コートハンガー